舞いあがれ!:放送開始に制作統括「舞の成長を最後まで見守って」 初回リアルタイム視聴人数は1564万人超

NHKの連続テレビ小説「舞いあがれ!」ポスタービジュアル(C)NHK
1 / 1
NHKの連続テレビ小説「舞いあがれ!」ポスタービジュアル(C)NHK

 女優の福原遥さん主演で、10月3日にスタートしたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)のリアルタイムでの初回視聴人数が約1564万5000人(ビデオリサーチ調べ)を記録したことが4日、明らかになった。

 世帯視聴率は、関東地区で16.3%(ビデオリサーチ調べ、以下同)、関西地区で16.5%、長崎地区で18.3%。個人視聴率は関東地区で9.0%、関西地区で8.6%、長崎地区で10.8%だった。

 制作統括の熊野律時さんは「いろいろな風を体いっぱいに受けて、大空へと向かうヒロイン・舞の物語が始まりました。特別な力は何も持っていないけれど、人と人の絆が広がっていけば、想像以上のところまでたどりつける。どんな困難があっても、空を見上げて、一歩ずつ進んでいく舞の成長を最後まで見守っていただければと思います」とコメントした。

 「舞いあがれ!」は“ものづくりの町”として知られる東大阪と、自然豊かな長崎・五島列島が舞台。さまざまな人との絆を育みながら、「空」に憧れるヒロインが「飛ぶ」夢に向かっていく、挫折と再生の物語だ。同局の土曜ドラマとして2020年1月に放送された「心の傷を癒すということ」などで知られる桑原亮子さんのオリジナルで、共同脚本として、嶋田うれ葉さん、佃良太さんもチームに加わる。

テレビ 最新記事