親愛なる僕へ殺意をこめて:門脇麦に視聴者「怪しい」 優しさに疑問?「絶対になんかあるよあの彼女」

連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」第1話の一場面(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」第1話の一場面(C)フジテレビ

 人気グループ「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さん主演の連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」(フジテレビ系、水曜午後10時)第1話が10月5日に放送され、門脇麦さん演じる雪村京花に、視聴者から「怪しい」という声が続出した。

 ドラマは、累計発行部数120万部を突破した井龍一(いのりゅう・はじめ)さん作・伊藤翔太さん画の同名マンガ(講談社)が原作。自分は二重人格だと悟った大学生の浦島エイジ(山田さん)が「もう一人の自分」が殺人を犯しているかも、と不安に駆られ、真相を追い求めて行くサスペンス。エイジは、15年前に日本中を震撼(しんかん)させた連続殺人事件の容疑者“LL”こと八野衣真(早乙女太一さん)の息子という設定。

 門脇さん演じる京花はエイジの大学の同級生で恋人。人を外見や肩書で判断しない真っすぐな性格の持ち主。LLの息子として、少年時代にひどいイジメや嫌がらせに遭いながら生きてきたエイジにとって、唯一のやすらぎとなる存在だ。

 第1話では、15年前のLL事件と酷似した殺人事件が発生し、警察から疑われたエイジが、自身のもう一つの人格“B一”に気付き、足跡を追うことを決めて……と展開。エイジはB一が殺人犯であれば京花も手にかけてしまうのでは、と恐れて京花に別れを告げる。

 突然の別れ話に動揺する京花に「もう飽きちゃったんだよね。もともと京花ちゃんとは遊びたいだけだったし。ただヤリたかっただけっつーか」とひどい言葉を絞り出したエイジ。京花はビンタを繰り出そうとした手を止めて「今のは冗談でも傷ついたな」と言い残し、エイジのもとから去っていった。

 一見優しげな彼女だが、SNSでは「門脇麦ちゃんが、ただの“いい彼女”で終わるはずない!と思ってしまう(笑い)」「門脇麦ちゃんがただの優しい彼女で終わるわけないやろという疑念がずっとある」「ただの“可愛い彼女”に門脇麦ちゃんなわけないよなぁと思ってる。絶対になんかあるよあの彼女」「門脇麦が普通の彼女なわけがない」「今のところ門脇麦が怪しい」といった声が次々と上がっていた。


テレビ 最新記事