君の花になる:“鉄眼鏡”がデレた! “香坂”内田有紀のギャップが話題 「おちゃめがねになっちゃった」の声

連続ドラマ「君の花になる」第4話の一場面 (C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「君の花になる」第4話の一場面 (C)TBS

 女優の本田翼さん主演の連続ドラマ「君の花になる」(TBS系、火曜午後10時)の第4話が11月8日に放送された。内田有紀さん演じる、7人組ボーイズグループ「8LOOM(ブルーム)」のチーフマネジャー・香坂すみれについて、SNSでは「ツンデレな可愛い人」といった反響があった。

 第4話では、弾(高橋文哉さん)が花巻(夏木マリさん)に新曲をプレゼンするも、「いつも通りの楽曲では1位は無理」と言われ、初めてのラブソングに挑むようにと命じられる。そんな中、8LOOMのメンバーに対し、「曲を作り直すことになったんでしょ? いい兆候だと思う」と話した香坂。「社長は期待していない相手には時間を使わないから。契約更新に少し希望が見えましたね」とにっこり。

 “鉄眼鏡”の異名を持ち、クールで無愛想で知られる香坂が笑顔を見せたことから、メンバーたちは「香坂さんがデレた」「びっくり」と驚きを隠せない様子だった。その後、あす花(本田さん)を呼び出した香坂だったが、白いシャツには、シミがついていた。シミを発見したあす花は、「あの……ここ……」とシミについて教えると、香坂は驚きの表情を見せた後、ゆっくりと持ち物でシミを隠す様子が描かれた。

 SNS上では、「服にシミついてるw」「シミつきのギャップはえぐいw かわいらしい」「マネジャーの笑顔ときょどってるのが可愛くて無理」「香坂さんかわいいキャラになってる」「鉄眼鏡やめたかと思ったらおちゃめがねになっちゃった」といった感想が書き込まれた。

テレビ 最新記事