silent:“奈々”夏帆、声なき慟哭の涙 震えるスマホ耳に

ドラマ「silent」第6話の場面カット(C)フジテレビ
1 / 1
ドラマ「silent」第6話の場面カット(C)フジテレビ

 女優の川口春奈さん主演の連続ドラマ「silent」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第6話が11月10日に放送され、佐倉想(目黒蓮さん)に思いを寄せる桃野奈々を演じる夏帆さんの演技に、SNSでは感動と驚きの声が上がった。

 同話では、青羽紬(川口さん)への思いを再認識した想が、かつて耳が徐々に聞こえなくなる自分の不安を理解して寄り添ってくれた奈々とも向き合うことを決める。しかし、想の紬への思いを察した奈々は、向き合おうとする想を拒む。

 手話教室から出てきた紬を「ちょっとお話ししませんか?」と連れ出した奈々。想からも手話を教わっていることを明かした紬に、奈々は「私が想くんに手話を教えたの。プレゼント使い回された気持ち」と伝える。

 そして、想がどんな声をしているか尋ねた奈々は、「たまに夢に見る。好きな人と電話したり、手つないで声で話すの。憧れるけど、恋が実ってもその夢はかなわない。恋もかないそうにないんだけどね」と悲しげに手話で伝え、目を潤ませながら店を飛び出すのだった。

 かつて「奈々にだけ伝わればいいから」と手話で伝えてくれた想のことを思い、泣きじゃくりながら歩く奈々。そこに奈々を見つけた想から電話がかかってくる。「どうしたの?」と手話で問いかける想の前で、奈々は想からの着信で震え続けるスマホを聞こえるはずのない耳に当てるのだった……。

 SNSでは、「大好きな想くんの声を直接スマホで聞きたいという思いが伝わってきてほんと切ない」「奈々ちゃんがスマホを耳に当てるシーンで号泣。今まででいちばん泣いた」と夏帆さんの迫真の演技に感動した声が続々と寄せられ、Twitterのトレンドでも「奈々ちゃん」「夏帆の演技」などのワードが上位をにぎわせた。

テレビ 最新記事