鎌倉殿の13人:三浦義村、さすがの状況判断 襲撃バレ→「今日は取りやめだ」 ギリギリまで館にとどまり機をうかがう

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第44回場面カット (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第44回場面カット (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第44回「審判の日」が11月20日に放送され、三浦義村(山本耕史さん)のさすがの状況判断に視聴者はうなった。

 第44回では、後鳥羽上皇(尾上松也さん)の計らいにより、右大臣に叙されることとなった源実朝(柿澤勇人さん)。政子(小池栄子さん)が愛息の栄達を喜ぶ中、鎌倉殿への野心に燃える公暁(寛一郎さん)は三浦義村のもとを訪れ、鶴岡八幡宮で執り行われる拝賀式で「実朝を討つ」と宣言する。

 一方、三浦館の動きに胸騒ぎを覚える泰時(坂口健太郎さん)は、義村に「今日の儀式、三浦勢は参加しないでいただきたい」と伝える。そこで義村は、自分たちの襲撃計画が感づかれたことに気づき、「今日は取りやめだ。若君(公暁)にお伝えしろ」と弟の胤義(たねよし、岸田タツヤさん)にすかさず指示した上で、公暁の動向を静観する構えを見せる。

 雪が降りしきる夜、鶴岡八幡宮で右大臣拝賀式が執り行われる。義村の計画取りやめの文を握りつぶした公暁は、実朝もろとも義時(小栗さん)を亡き者にしようと、八幡宮の銀杏(いちょう)の影に息を潜める。その頃、義村は胤義から「我らも八幡宮に向かいましょう」と促されるも、「ならん! 若君が見事、本懐を遂げられた時は我らもすぐに挙兵する。それまでは動いてはならぬ」とギリギリまで館にとどまり機をうかがうことを決めた。

 SNSでは「三浦義村の状況判断、慎重さはさすが」「義村の身の振り方はさすがですよねw」「ギリギリまで出方をうかがう義村はさすがです」「いろいろな意味で危険回避力がありすぎる三浦義村があっさりと後方に回るところもさすが」「相変わらず危険察知能力が高い義村くん。いつでも出陣できる状態でギリギリまで館にとどまっているところ。やっぱりさすがすぎる」と感心する声が次々と上がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画