舞いあがれ!:柏木学生、デレる! “初めての”お好み焼きに興味津々 舞が胃袋をつかんだ?

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第38回の一場面(C)NHK
1 / 2
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第38回の一場面(C)NHK

 福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第38回が11月23日に放送された。同回では、舞(福原さん)の案でチームでクリスマスパーティーをすることとなった。パーティーに参加した柏木(目黒蓮さん)の様子に、視聴者からは「可愛い柏木くんが見られた!」「ついにデレたよ柏木くん!」と喜びの声が上がった。

 クリスマスパーティーは、舞、吉田(醍醐虎汰朗さん)、倫子(山崎紘菜さん)、水島(佐野弘樹さん)の4人でスタートするも、教官の都築(阿南健治)も顔を出して、舞が柏木と中澤(濱正悟さん)を呼びに行くことになる。

 柏木は「勝手にやってくれ」と興味のない様子だったが、舞が「都築ポイントに関わると思うんです。協調性があるとこ見せとかんと、何書かれるかわかりませんよ。こないだ倫子さんと(柏木が)もめていたとき、都築教官、何か書いてはりましたよ」と告げると、柏木も参加することになった。

 そして都築が先にパーティーから引き上げると、柏木は「岩倉、(お好み焼き)もう1枚焼いてくれ。これ、うまいから」とリクエストし、周囲も驚いた様子を見せる。

 お好み焼きができるまでを興味津々に見つめる柏木は、お好み焼きが初めてだと明かす。しかし、その間に倫子、水島、中澤の会話がヒートアップしてしまい、お好み焼きがこげてしまう。柏木は、すごく残念そうな表情を見せて、この日の放送が終わった。

 SNSでは「お好み焼きに夢中になる柏木学生の姿が、ギスギスをすべて吹き飛ばしてくれました」「舞ちゃん、柏木くんの胃袋つかんだな」「柏木は協調性がないんじゃなくて、お好み焼きと一緒で出会いがなかったのかな。今後の変化が気になる。お好み焼きへの向き合い方は素直だったし」といったコメントが寄せられている。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事