舞いあがれ!:“鬼教官”吉川晃司が初登場! 視聴者からは期待の声「ラスボスオーラさく裂」

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」で鬼教官の大河内守を演じる吉川晃司さん(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」で鬼教官の大河内守を演じる吉川晃司さん(C)NHK

 福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第40回が11月25日に放送された。同回では、初の朝ドラ出演となる吉川晃司さんが登場。視聴者からは「ラスボスばりのバリバリのオーラさく裂」といったコメントが寄せられている。

 吉川さんが演じるのは、航空学校で舞(福原さん)たちを指導する“鬼教官”大河内守。舞や柏木(目黒蓮さん)たちの班の担当教官となり、着陸が下手な舞を厳しく指導する。学生たちからは鬼教官として恐れられ、容赦なく学生をフェイル(退学)させるといわれているが、そこには大河内なりの人生哲学がある。

 宮崎で舞たちを指導していた都築教官(阿南健治さん)から「今回はなかなか面白い子たちですよ」と電話で報告を受けた大河内だが「パイロットに面白さは不要です」と切り捨てる。

 続けて都築から「みっちり指導してください」と告げられると、大河内は「分かりました。ただし、指導するに値する人間なら……ですが」と話した。

 SNSでは「歩き方がかっこいいよね」「朝からかっこえー」「待ってましたぁ! めちゃめちゃかっこいい教官!」「サングラス姿がトップガンのトム・クルーズ」とダンディーな姿にほれぼれするコメントが並んでいる。

テレビ 最新記事