アトムの童:第7話 「アトムの童」となり数年 次のステージを見据える“那由他”山崎賢人

俳優の山崎賢人さん主演の連続ドラマ「アトムの童」第7話の一場面(C)TBS
1 / 4
俳優の山崎賢人さん主演の連続ドラマ「アトムの童」第7話の一場面(C)TBS

 俳優の山崎賢人さん主演の連続ドラマ「アトムの童(こ)」第7話「買収された天才たち」が、TBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠で11月27日に放送される。

 「アトム玩具」が「アトムの童」に社名を変えて数年。従業員も増えて会社は活気を取り戻す。那由他(山崎さん)と隼人(松下洸平さん)は、ゲームクリエイターの交流会での出会いを通し、次のステージを見据える。

 その思いを知った海(岸井ゆきのさん)は、社長として複雑な気持ちを抱えていた。

 興津(オダギリジョーさん)は「SAGAS」の株が大財閥の「宮沢ファミリー オフィス」に大量取得され始めたことに危機感を抱く。そこへ、同社の社長・宮沢沙織(麻生祐未さん)が突然やって来て……。

 脚本は神森万里江さん。ゲーム業界を舞台に、山崎さん演じる若き天才ゲーム開発者・安積那由他(あづみ・なゆた)が大資本の企業に立ち向かう姿や、周囲の人たちと関わって成長していく様を描く。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事