鈴鹿央士:「silent」現場で目黒蓮につけられたあだ名は「赤ちゃん」 自身も“めめ”と「いつか呼びます」

連続ドラマ「silent」のトークショーに登場した鈴鹿央士さん
1 / 12
連続ドラマ「silent」のトークショーに登場した鈴鹿央士さん

 女優の川口春奈さんが主演を務める連続ドラマ「silent」(フジテレビ系、木曜午後10時)のトークイベントが11月27日、東京都内で行われ、戸川湊斗役の鈴鹿央士さん、横井真子役の藤間爽子さんらが登場。湊斗の高校時代の友人、佐倉想役を演じる目黒さんとのエピソードを聞かれた鈴鹿さんは、「焼き肉屋のシーンでアプリを使って僕ら話していて。目黒さんがスマホに文字を打ち『あだ名考えた』と(画面を)見せてきたら、『赤ちゃん』と書かれていました(笑い)。ベイビーらしいです」と話し、周囲を笑わせていた。

 目黒さんのことをどう呼んでいるかという質問には、「あだ名を聞いたら、『めめと呼ばれます』と言っていたので、いつか呼びます」と思いをはせていた。

 自身の高校時代について聞かれると、鈴鹿さんは「僕の学校は県内でも美男美女が集まる学校といわれていて、僕よりモテている人もいて(モテる度合いは)僕は“弱火”ぐらい。もっと“ファイヤー”みたいな人もいて、学校のトップみたいな男の子の陰に隠れて静かに暮らしていました」とユーモアたっぷりに話した。

 最後に鈴鹿さんは、「まだまだ撮影が残っているので、頑張って最後の最後まで届けますので、最終回まで見届けてほしい。丁寧に描いているので、ちゃんと皆さんに妥協なく120%で届けられるよう頑張るので、最終回まで見守ってくださるとうれしいです」とコメント。イベントには、タレントの若槻千夏さん、村瀬健プロデューサーも登場した。

 ドラマは、主人公の青羽紬(川口さん)が耳に難病を抱えた元恋人・佐倉想(目黒蓮さん)と再会し、現実と向き合いながら共に乗り越えていく、切なくも温かいラブストーリー。第8話は12月1日に放送される。

写真を見る全 12 枚

テレビ 最新記事