エルピス:大門副総理の意外なプロフィルが明らかに 「核心に近づいてきた」の声(ネタバレあり)

連続ドラマ「エルピス-希望、あるいは災い-」第6話の一場面=カンテレ提供
1 / 2
連続ドラマ「エルピス-希望、あるいは災い-」第6話の一場面=カンテレ提供

 女優の長澤まさみさん主演の連続ドラマ「エルピス-希望、あるいは災い-」(カンテレ・フジテレビ系)の第6話が11月28日午後10時15分から放送され、副総理の大門雄二(山路和弘さん)の意外なプロフィルが明らかになった。視聴者からは「核心に近づいてきた」「大門副総理、クサいな」と勘ぐる声が多く上がった。

 ◇以下、ネタバレがあります

 実在の複数事件に着想を得た渡辺あやさん脚本の社会派エンターテインメント。スキャンダルでエースアナウンサーから転落した浅川恵那(長澤さん)とその仲間たちが、連続殺人事件の冤罪疑惑を追う。

 第6話では、西澤正(世志男さん)の「松本死刑囚(片岡正二郎さん)を見た」という目撃証言がうそと判明。逮捕の決め手となった証言が覆されて再審は現実味を帯び、恵那は再び奮い立つ。

 事件の特集VTRが深夜情報番組「フライデーボンボン」で放送されると、世間の反応はすさまじく、あらゆるメディアが動き出す。しかし、重要参考人である西澤が姿をくらまし、再捜査の可能性が消滅する。

 「大洋テレビ」では緊急幹部会議が開かれ、恵那が「事件を追っていた記者」として、かつて担当していた看板番組「ニュース8」に出演することが決まり……という展開だった。

 恵那は無事、出演を終えたものの、番組改編期だったこともあり、フライデーボンボンの打ち切りが決定。チーフプロデューサーの村井喬一(岡部たかしさん)は関連子会社、若手ディレクターの岸本拓朗(眞栄田郷敦さん)は経理部へそれぞれ異動に。“粛清”が行われる中、恵那はニュース8のキャスターに返り咲く。

 恵那がキャスターとしての仕事に追われる一方、拓朗は事件取材を続行。すると、かつて恵那が入り込んだ怪しい雰囲気の雑貨店の店主が、商店街を牛耳る本城建託の社長の息子と判明する。

 すでに雑貨店は閉店していたが、拓朗は店の写真を撮影し、恵那に送信。恵那は、店の横に大門の選挙ポスターが張られていることに気づき、大門のプロフィルを調べると、大門は事件のあった神奈川県八飛市の出身であることが判明した。

 元警察庁長官の大門が事件をテレビ番組で取り上げないよう圧力をかけていたことから、事件への関与を疑う声は以前から上がっていたが、ますますその見方が強くなり、SNSでは「やっぱり真犯人は大門副総理の周辺人物か」「副総理が事件をもみ消した?」「大門の息子が真犯人?」「やっぱりあの変な店の変な男にまた焦点が当たるか」といったコメントが並んだ。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事