エルピス:村井CP「刻むな、こいつー」 斎藤へのぼやきに視聴者爆笑

連続ドラマ「エルピス-希望、あるいは災い-」第6話の一場面=カンテレ提供
1 / 5
連続ドラマ「エルピス-希望、あるいは災い-」第6話の一場面=カンテレ提供

 女優の長澤まさみさん主演の連続ドラマ「エルピス-希望、あるいは災い-」(カンテレ・フジテレビ系)の第6話が11月28日夜放送された。深夜情報番組「フライデーボンボン」のチーフプロデューサー・村井喬一(岡部たかしさん)がLINEの通知音に慌てふためく姿が描かれ、視聴者を爆笑させた。

 第6話では、アナウンサーの浅川恵那(長澤さん)が「事件を追っていた記者」として、かつて担当していた看板番組「ニュース8」に出演することになる。村井は、恵那と「大洋テレビ」政治部記者で恋人の斎藤正一(鈴木亮平さん)の関係が悪化することを心配し、出演直前の恵那の元を訪れる。

 そこへ、恵那のスマートフォン(スマホ)に斎藤からLINEが届く。「ニュース8、凱旋(がいせん)出演おめでとう」「オンエアの後にしようかとも思ってたけど」「それだと余計に」という不穏な書き出しに、恵那は「終わってから見ます」と、自身のスマホを村井に託し、その場を後にする。

 斎藤が文を細かく分けて送信するため、恵那のスマホからはLINEの通知音が何回も鳴り続ける。村井は音量を下げようとするが、自身のスマホと機種が違うため、操作方法が分からず「違うの機種がよお。まとめて送ってこいよ。刻むな、こいつー」とぼやいた。

 SNSでは「ぼやく村井さんが面白かった」「不覚にも笑ってしまった」「うざそうに言う村井さん好き」といったコメントが並んだ。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事