鎌倉殿の13人:柿澤勇人、“実朝の苦悩”背負い「顔がやつれ、体重も落ちて」 それでも「役者としてはすごく幸運だった」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第45回場面カット 源実朝を演じた柿澤勇人さん (C)NHK
1 / 5
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第45回場面カット 源実朝を演じた柿澤勇人さん (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第45回「八幡宮の階段」が11月27日に放送され、源実朝(柿澤勇人さん)の最期が描かれた。

 鶴岡八幡宮の大階段で公暁(寛一郎さん)に討たれた実朝。“天命”を自ら受け入れたかのように、抵抗をすることはなかった。

 柿澤さんは実朝の人生を振り返り、「生まれた環境や時代がもし違っていたら、ものすごくいい将軍だったと思うし、将軍であること以前に、ものすごくピュアで真っすぐないい人で。現代にも通じると思うんですけど、『こういう人が本当に生きていたらいいな』と思うような心の持ち主だったのかなと思います。ただ、残念なことにこの鎌倉の時代に生まれてきて、環境がたまたまそういった激動の陰惨な環境だったりもするので、そこがやっぱり悲劇というか、とても可愛そうな人生だったなと思いますね」と役への印象を明かす。

 一方で、「僕はやっぱり役者なので、芝居をやっていて苦しいとかしんどいなというのはかなり多かったし、実際、撮影を経ていくとだんだん顔がやつれていって、体重も落ちていきましたね」と告白。「それは自分でも如実に分かっていて、でも役者としては本当にありがたいことで。すごく矛盾しているかもしれないですけど、その実朝の苦悩みたいなものが、役者としてはすごく幸運なことだったというのは、最期のシーンを経て思いました」と結論づけた。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時(小栗さん)が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

 ドラマは残り3回。次週12月4日は第46回「将軍になった女」が放送される。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事