乃木坂46山下美月:来年1月期「スタンドUPスタート」でフジ連ドラ初出演 メガバンクのメガネ銀行員役「なじんでいるかドキドキ」

2023年1月18日放送開始の「スタンドUPスタート」に出演する(上段左から時計回りに)山下美月さん、水沢林太郎さん、安達祐実さん、塚地武雅さん(C)フジテレビ
1 / 1
2023年1月18日放送開始の「スタンドUPスタート」に出演する(上段左から時計回りに)山下美月さん、水沢林太郎さん、安達祐実さん、塚地武雅さん(C)フジテレビ

 アイドルグループ「乃木坂46」の山下美月さんが、竜星涼さん主演で2023年1月18日から放送される連続ドラマ「スタンドUPスタート」(フジテレビ系、水曜午後10時)に出演することが分かった。メガバンクで働く銀行員の羽賀佳乃役を演じる。山下さんが同局の連続ドラマに出演するのは初めて。

 ドラマは、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の福田秀さんの同名マンガが原作。投資会社「サンシャインファンド」社長の三星大陽(みほし・たいよう、竜星涼さん)が、失敗や挫折を経験した人々に「スタートアップ(起業)しよう!」と声を掛け、“人間再生”に取り組む姿を描く。

 山下さん演じる佳乃は、メガバンク「みその銀行」の融資部門に勤務。合理的で物事を白黒ハッキリさせたがる性格で、仕事ではテキパキと業務をこなす優秀な銀行員だ。厳格な母親と二人暮らしで、過去の経験からギャンブルを毛嫌いしているという役どころ。

 山下さんは、「ビジネスドラマも銀行員という役も初めてなので、衣装合わせでスーツやメガネをたくさんフィッティングした時に、ちゃんとなじんでいるのかドキドキしていました(笑い)。普段アイドルのキラキラした衣装を着ている時とは真反対な性格や見た目をしているので、そこもぜひ注目していただきたいです!」とコメント。ドラマについて「この作品を見れば、日々襲ってくるさまざまな問題に、どう対処できるか?というヒントになるのではないかと思っております。ぜひ一緒に登場人物のことを見守る気持ちで見てくださったらうれしいです! 2023年の初め、熱いスタートを切れるよう頑張ります!」とアピールした。

 水沢林太郎さん、塚地武雅さん、安達祐実さんの出演も発表された。水沢さんは企業を目指す大学生・立山隼人を、塚地さんは大陽の兄・大海(たいが、小泉孝太郎さん)が社長を務める大手企業「三ツ星重工」の元社員・武藤浩を、安達さんは大陽の勧めでシニア向けマンションの管理人になった主婦・音野奈緒をそれぞれ演じる。

テレビ 最新記事