舞いあがれ!:「ラジャーしか言えないアホ」「迷子野郎が!」 チームは空中分解? すっかり険悪ムード

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第44回の一場面(C)NHK
1 / 2
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第44回の一場面(C)NHK

 福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第44回が12月1日に放送された。同回では、飛行訓練をめぐって、柏木(目黒蓮さん)と水島(佐野弘樹さん)がもめるなど、舞(福原さん)のチームは、一気に険悪なムードに陥った。

 舞たちが予定していた訓練空域が直前に変更となるも、柏木は臆すことなく「私から操縦します」と名乗りを上げる。自信満々の柏木だったが現在地を見失うミスをして、大河内教官(吉川晃司さん)からは「間違いを指摘されても、それをすぐに認められなかった。自分を過信する人間はパイロットに向いていない」と厳しい言葉をかけられる。

 続いてのフライトでも、目標とする場所を間違えてしまった柏木。そんな中、天候の影響でフライトを中止すべきという舞と水島、「飛べる」という柏木の意見が対立する。大河内は「意見をまとめられないようなチームに安全なフライトができるわけない」とバッサリと切り捨てた。

 中止に納得がいかない柏木に対して、水島も「八つ当たりはやめろよ。自分のフライトがうまくいってないからって」と不満をぶつける。舞は「自分の判断が間違っていたとは思えません。私なりにきっちり分析したつもりです。パイロットとして判断しました」と主張するが、柏木は「俺がおかしいって言うのか? お前たちで勝手にやってろよ」と部屋を飛びだそうとする。

 水島が説得を試みるも、柏木は「毎回操縦席でパニックになるやつが偉そうに。ラジャーしか言えないアホは黙ってろよ」と突っかかり、水島も「この迷子野郎が!」と言い返して、2人は取っ組み合いになる。その最中に、舞の手作り操縦かんが壊れてしまい、柏木は気まずそうにして部屋から去って行った。

 SNSでは「この修羅場をどう乗り越えるのか楽しみだ」「ここが柏木くんにとって試練だね」「柏木学生メインの回だけど、水島学生がいい奴で良い。みんなで一緒にパイロットになれますように」と、チームが結束することを願うコメントが寄せられている。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事