乃木坂46:紅白は「裸足でSummer」 齋藤飛鳥の初センター曲、ファン歓喜

乃木坂46の齋藤飛鳥さん
1 / 1
乃木坂46の齋藤飛鳥さん

 大みそか放送の「第73回NHK紅白歌合戦」の曲目が12月22日に発表され、今年で8回目の出場となるアイドルグループ「乃木坂46」は、2016年発表の「裸足でSummer」を披露することが分かった。

 「裸足でSummer」は、乃木坂46の15枚目のシングル。グループからの卒業を発表しており、今回が“ラスト紅白”となる齋藤飛鳥さんが初めてセンターを務めたシングル曲だ。

 SNSではファンが「あしゅ最後だから!!?最高かよ!!!!!!」「紅白裸足でSummerはエモすぎる」「季節外れだけど裸足でsummer泣く準備はできてる」などと盛り上がりを見せていた。

 「第73回紅白歌合戦」は、俳優の大泉洋さん、女優の橋本環奈さん、NHKの桑子真帆アナウンサーが司会、櫻井翔さんがスペシャルナビゲーターを担当。NHKホール(東京都渋谷区)で有観客で開催される。放送は、12月31日午後7時20分~同11時45分(途中ニュースで中断あり)。

アイドル 最新記事