白河れい:20歳の大学生、元フジテレビ河野景子の次女が芸能界入り「夢は海外で活躍できる女優」 父・貴乃花にはデビュー知らせず

晴れ着姿で芸能界デビュー会見を行った白河れいさん
1 / 6
晴れ着姿で芸能界デビュー会見を行った白河れいさん

 元フジテレビアナウンサーの河野景子さんの次女、白河れいさんが芸能界入りを表明し、このほど明治記念館(東京都港区)で芸能界デビュー会見と晴れ着お披露目撮影会を行った。白河さんは「この世界(芸能界)で頑張っていきたいという、小さいころから夢というか野望があった」と明かし、「日本人女性として海外で活躍できる女優になることが一番の目標。そこに向けて頑張っていきたい」と意気込みを語った。

ウナギノボリ

 白河さんは2002年4月18日生まれ、東京都出身の20歳の大学2年生。身長165センチ。特技は英語とバレエで、英国に2年間留学した経験を持つ。父は元横綱でタレントとしても活動する貴乃花光司さん、兄はタレントの花田優一さん。

 白河さんは芸能事務所「スペースクラフト・エージェンシー」に所属し、デビューすることになった経緯について、「高校時代は留学など学業に専念し、大学に入ったタイミングで少しずつ足を踏み入れてみようと思い、事務所を探すため、オーディションサイトを活用しました」と説明。

 オーディションサイトでは両親の名前を明かさなかったといい、「自分の足で、自分の力でやっていきたい思いがあります。本名にしてしまうと、名前から両親のことなどが先行してしまうかなと考え、こういった世界に入るときは芸名でやろうと小さいころから決めていた」と理由を語った。芸名は自身で考案したといい、由来は「人の光になりたいという夢があり、『れい(ray)』は英語で光という意味も持っていて、『白い河に光が差す』ということでつけさせていただきました」と話した。

 芸能界入りは「自分で決めてやりたいタイプなので両親にも家族にも言わなかった」といい、両親からは、「母は、『そこまでやりたいというのなら頑張っておいで』と背中を押してくれました。父に関しては今、知らない状態です」とコメント。貴乃花さんには「会って伝えられたら」という気持ちはあるものの、報道で先に知る可能性もあり、「人生で一番のサプライズということで。喜んでくれたらうれしいです」とメッセージを送った。

 白河さんは、1月9日にスタートするフジテレビの昼の新バラエティー番組「ぽかぽか」(毎週月~金曜午前11時45分)の月曜レギュラーとして出演することが決定している。

写真を見る全 6 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画