栗山千明:「六番目の小夜子」以来の仲 山崎育三郎との共演に「ちょっと最初の頃は気持ち悪かった」

1月20日スタートの連続ドラマ「リエゾン-こどものこころ診療所-」の会見に登場した(左から)松本穂香さん、山崎育三郎さん、栗山千明さん
1 / 4
1月20日スタートの連続ドラマ「リエゾン-こどものこころ診療所-」の会見に登場した(左から)松本穂香さん、山崎育三郎さん、栗山千明さん

 女優の栗山千明さんが1月15日、茨城県内で行われた1月20日スタートの連続ドラマ「リエゾン-こどものこころ診療所-」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)の会見に登場した。今作の主演の山崎育三郎さんとは、2000年放送のNHKのドラマ「六番目の小夜子」で初共演して以来の仲だという栗山さんは「ちょっと最初の頃は気持ち悪いというか(笑い)。違和感がありました」と話し、周囲の笑いを誘った。

 撮影序盤は「違和感があった」という栗山さんだが「今は安心感を感じながら共演させていただいています」とにっこり。山崎さんは「『六番目の小夜子』の頃は千明ちゃんの方が背が高くて、僕は見上げてお芝居をしていました。今、自分の方が背が高くなって(再び)共演するのは不思議な感じ。幼なじみ、地元の同級生とお芝居しているみたい」とほほ笑んだ。

 栗山さんが今作で演じるのは、主人公・佐山卓(山崎さん)が院長を務める児童精神科「さやま・こどもクリニック」の臨床心理士・向山和樹(むかいやま・かずき)。佐山の良き理解者でもあるという役どころに、山崎さんが「全部受け止めてくれています」と感謝を述べると、「光栄です」と照れ笑いを浮かべた。

 ドラマは、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中の、ヨンチャンさん作画・原作、竹村優作さん原作の同名マンガの実写化。児童精神科を舞台に、自らも発達障害を抱える院長・佐山卓と研修医・遠野志保(松本穂香さん)のコンビが、生きづらさを抱える子供たちとその家族に向き合い、寄り添う姿を描く。会見は茨城県内のドラマの撮影現場で行われ、松本さんも出席した。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事