どうする家康:徳川家臣団は“劇団家臣団”? 大森南朋、酒井忠次は「人間っぽくていい」

2023年大河ドラマ「どうする家康」で酒井忠次を演じる大森南朋さん (C)NHK
1 / 1
2023年大河ドラマ「どうする家康」で酒井忠次を演じる大森南朋さん (C)NHK

 松本潤さん主演の2023年NHK大河ドラマどうする家康」(総合、日曜午後8時ほか)第3回「三河平定戦」が1月22日に放送された。ドラマの公式サイトでは、徳川家臣団の一人、酒井忠次を演じる大森南朋さんのインタビュー動画が公開。「古沢(良太)さんの脚本はテンポ感もいいですし、僕も非常に面白く読ませていただきました。そこに遜色ないお芝居をできるよう、日々頑張っています」と明かしている。

 酒井忠次を演じるにあたっては、「『兄貴分っぽくやるぞ』と自分の偏った考えで構築して演じると、群像劇でのバランスが崩れると思います」とし、「“劇団家臣団”みたいなものですから。バランスをとって、出るところは出る、引くところは引く。(家臣団は)全員これに尽きると思います(笑い)」と考えを語った。

 さらには「酒井忠次は、人間っぽくていいなと思います。家臣団や殿(家康、松本さん)とどういう距離感でいたのかという中で、忠次の人柄がにじみ出せたらいいですね。戦国時代も、笑いあり、泣きもあり、踊りもありで皆生きていたはずなので。そこを素直に演じていこうと思います」と意気込んでいた。

 「どうする家康」は一人の弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語で、「リーガル・ハイ」「コンフィデンスマンJP」(共にフジテレビ系)シリーズなどの古沢良太さんが脚本を担当。新たな視点で、誰もが知る歴史上の人物・徳川家康の生涯を描く、スピード感あふれる波瀾(はらん)万丈のエンターテインメント作となる。

テレビ 最新記事