有村架純:「まさか、このような日が来るとは」と感慨 「日本アカデミー賞」司会に喜び

「第46回日本アカデミー賞」記者発表会に出席した有村架純さん
1 / 2
「第46回日本アカデミー賞」記者発表会に出席した有村架純さん

 女優の有村架純さんが1月23日、東京都内で行われた「第46回日本アカデミー賞」記者発表会に出席。同賞の女性司会者は、前回の最優秀主演女優賞の受賞者が務めるのが通例で、「花束みたいな恋をした」で、前回の最優秀主演女優賞を受賞した有村さんが今回の司会を務めることに。「まさか、このような日が来るとは思っておらず、感慨深く思っています」と喜びを語った。

 有村さんは「名だたる方を前にして、司会を務めること大変恐縮ですが、会場にいらっしゃる登壇者、お客さまの方々が、すてきな夜を過ごせるように役目を全うできるように頑張ります」とアピールした。

 同じく司会を務める羽鳥慎一さんは「俳優としての有村さんのお力を存分に発揮していただいて、楽しいトークショーにできたら。そのお手伝いをさせていただければ」と有村さんをサポートすることを誓った。

 同賞は日本の映画芸術、技術、科学の向上発展のために設けられ、選考は日本アカデミー賞協会員の投票で実施される。今回の選考は、2022年1月1日~12月31日に公開された作品が対象。各部門の最優秀賞は、3月10日に開催される第46回日本アカデミー賞授賞式で発表される。

写真を見る全 2 枚

映画 最新記事