舞いあがれ!:「菱崎重工」の重役・荒金がIWAKURAを電撃訪問 信頼できる人物と推測「イケおじ過ぎる」の声

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第79回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第79回の一場面(C)NHK

 福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第79回が1月25日に放送された。同回では、重工業の国内トップクラス企業「菱崎重工」の重役、荒金(鶴見辰吾さん)が、IWAKURAを訪れるシーンが登場した。

 荒金は、航空機に使用する新型エンジンのボルトの製作を社長のめぐみ(永作博美さん)と舞(福原さん)に依頼する。

 2人は驚きの表情を見せるが、めぐみは「弊社は航空機部品に関して、経験がありません。新しい分野に参入する余裕は、とても……」と難色を示す。一方の舞は、ボルトの図面を確認したいと言う。

 荒金は「舞さんのおっしゃるとおり、図面をご覧にならないと、できるもできないも判断できませんからね」と部外秘の図面を見せる。

 めぐみが「なぜ、弊社にご依頼いただけたのでしょうか?」と問うと、荒金は「航空機産業は新たな力を必要としています。中小企業がその力となり得るのか、私はとても興味があります。御社には優れた技術があるとおっしゃいましたよね? それを証明していただきたいのです」と話した。

 SNSでは「荒金さん、イケおじ過ぎる」「浩太(高橋克典さん)のこと知ってるだろうけど、そこは口に出さない荒金さん」「荒金さん、あくまでビジネスライクに接するのが良いよね」「鶴見辰吾さん、普通にいい人の役っぽい」と荒金を信頼できる人物と推測するコメントが上がっている。

テレビ 最新記事