ブラッシュアップライフ:エンディングで、中島みゆきの「ファイト!」 「恐ろしい回収力」「自分への応援歌に」と話題に

女優の安藤サクラさん主演の連続ドラマ「ブラッシュアップライフ」第3話の一場面=日本テレビ提供
1 / 1
女優の安藤サクラさん主演の連続ドラマ「ブラッシュアップライフ」第3話の一場面=日本テレビ提供

 女優の安藤サクラさん主演の連続ドラマ「ブラッシュアップライフ」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第3話が、1月22日に放送された。付き合っている相手が既婚者だった森山玲奈(黒木華さん)を励ますために、麻美(安藤さん)たちが選曲した中島みゆきさんの「ファイト!」について、SNSではさまざまな声が上がった。

 ドラマは、お笑い芸人のバカリズムさんが脚本を担当する“タイムリープヒューマンコメディー”。33歳独身の近藤麻美がある日突然死んでしまい、産婦人科のベッドの上にタイムリープ。赤ちゃんから人生をやり直すことになるというストーリー。

 第3話では、2周目の人生を送る麻美が33歳になり、1周目で死んだあの日がやってくる。33年前と同じように、門倉夏希(夏帆さん)と米川美穂(木南晴夏さん)と一緒に食事を楽しんでいると、一人で店に来ていた同級生の玲奈と再会する。玲奈の彼氏の写真を見せてもらうと、写っていたのは、麻美が働く薬局の先輩・宮岡徹(野間口徹さん)だった。

 玲奈が帰った後、カラオケで、宮岡は既婚者であることを、夏希と美穂に打ち明けた麻美。3人で相談し、不倫の愚かさとデメリットを訴え、玲奈の不倫を阻止することにする。きっとショックを受けるであろう玲奈を励まそうと、3人は前向きな曲を歌おうと考える。「最後はみんなで中島みゆきの『ファイト!』を熱唱!」と計画していたが、当の玲奈は宮岡が既婚者であることを聞くと、そのままスマホを取り出し、宮岡に電話。「てめぇ、結婚してんじゃねーかよ。すっとぼけんな、カス」と怒りをぶちまけて別れを告げ、「ファイト!」の出る幕はなかった。

 ところがエンディングでは、奮闘むなしく3周目の人生に挑む麻美に、「ファイト!」が流れる展開で、SNSでは「歌うはずだった『ファイト!』が人生3周目スタートという自分への応援歌として流れるの最高」「歌うはずのファイト伏線。恐ろしい回収力」「ここで中島みゆきのファイトはめちゃくちゃいい」「ファイトがここでかかるの~天才じゃん!」「『ファイト!』は主人公への応援歌になったw」といったコメントが並び、話題となった。

テレビ 最新記事