ハイパーインフレーション:AnimeJapan 2023「アニメ化してほしいマンガランキング」第1位に トップ10発表

「AnimeJapan 2023」の「第6回アニメ化してほしいマンガランキング」の第1位に選ばれた「ハイパーインフレーション」(画像はコミックス第5巻のカバー)
1 / 10
「AnimeJapan 2023」の「第6回アニメ化してほしいマンガランキング」の第1位に選ばれた「ハイパーインフレーション」(画像はコミックス第5巻のカバー)

 3月25、26日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される国内最大級のアニメイベント「AnimeJapan(アニメジャパン) 2023」の投票企画「第6回アニメ化してほしいマンガランキング」の結果が23日、発表され、集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で連載中の住吉九さんの「ハイパーインフレーション」が第1位を獲得した。前回の第5回はぽむさんの「先輩はおとこのこ」、第4回は桜井のりおさんの「僕の心のヤバイやつ」、第3回はオダトモヒトさんの「古見さんは、コミュ症です。」、第2回は森下真さんの「Im~イム~」、第1回は井上佐藤さんの「10DANCE」が1位に選ばれた。

 「ハイパーインフレーション」は、「少年ジャンプ+」で2020年11月に連載を開始した。帝国の奴隷狩りにより両親を失った少年ルークが、体から金を生み出す能力を手に入れ、奴隷狩りのオークションに出されてしまった最愛の姉を救おうとする……というストーリー。

 作者の住吉さんは「投票ありがとうございます!! でもアニメ化のオファーが現在来ていないので、多分『アニメ化が難しそうマンガランキング』があっても1位をとっていたことでしょう。どういう内容か気になる方は、ぜひマンガを読んでみてください! アニメ業界関係者様、どうか集英社へオファーを!!」とコメントを寄せている。

 「アニメ化してほしいマンガランキング」は、2022年1月1日~12月31日にコミックスとして販売、または連載中で、アニメ化されていない作品が対象。一般公募により選定されたノミネート92作品の中から「アニメ化してほしいマンガ」を投票。結果をランキング形式で発表する。第6回は、1月20日~2月3日に投票を受け付けた。

 アニメジャパンは、2014年から開催されているイベントで、今年は3月25、26日がパブリックデー、同27、28日がビジネスデーとなる。ビジネスデーはオンラインで開催される。

 ◇第6回アニメ化してほしいマンガランキングのトップ10(敬称略)

 第1位 ハイパーインフレーション(住吉九)
 第2位 氷の城壁(阿賀沢紅茶)
 第3位 仁藤と田塚の日常(砂糖と塩)
 第4位 和歌ちゃんは今日もあざとい(島村)
 第5位 ジャイアントお嬢様(肉村Q)
 第6位 誰か夢だと言ってくれ(みっしぇる)
 第7位 ある日、お姫様になってしまった件について(Spoonマンガ、Plutus原作)
 第8位 ジャンケットバンク(田中一行)
 第9位 墜落JKと廃人教師(sora)
 第10位 忍者と極道(近藤信輔)

 (C)住吉九/集英社(C)阿賀沢紅茶/集英社(C)Satoutoshio/LINE Digital Frontier(C)島村/comico(C)肉村Q/小学館(C)みっしぇる/集英社(C)Spoon/CARROTOON、Plutus(C)田中一行/集英社(C)sora/白泉社(C)近藤信輔/講談社

写真を見る全 10 枚

アニメ 最新記事