横山裕:「2年も空いた感覚がない」 主演ドラマ「コタローは1人暮らし」続編クランクイン 子役・川原瑛都と息ぴったり

4月15日スタートの連続ドラマ「帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし」に出演する横山裕さん(左)と、川原瑛都君=テレビ朝日提供
1 / 1
4月15日スタートの連続ドラマ「帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし」に出演する横山裕さん(左)と、川原瑛都君=テレビ朝日提供

 人気グループ「関ジャニ∞」の横山裕さん主演で4月15日スタートの連続ドラマ「帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし」(テレビ朝日系、土曜午後11時)がこのほど、クランクインした。主人公のマンガ家・狩野進(かりの・しん)を演じる横山さんと、狩野が交流を重ねる“ワケあり6歳児”・さとうコタローを演じる子役の川原瑛都君は、狩野とコタローが暮らす「アパートの清水」で撮影をスタート。撮影の合間には、ギターを弾く横山さんを近くで眺めていた瑛都君に、横山さんがギターをレクチャーをするなど、2年ぶりの共演とは思えないほど息の合った様子を見せた。

ウナギノボリ

 ドラマは、2021年4月期に放送された「コタローは1人暮らし」の続編。累計170万部を突破した、津村マミさんの同名マンガが原作。子連れ入居禁止のアパートで、自堕落な日々を送る売れないマンガ家・狩野進の隣の部屋に、訳ありな一人暮らしをする5歳児(当時)のコタローが引っ越してきた。コタローとの出会いで、狩野やアパートの住人たちが、大人としての責任や人を思いやる気持ちの大切さを改めて実感し、成長する姿を描くハートフル・コメディー。続編ではコタローが幼稚園を卒園し、小学生になっている。

 横山さんは「このアパートに来ると、あぁ、『コタローは1人暮らし』が始まったなという気持ちになりますね。さっきもみんなで話していたんですけど、前作から2年も空いたという感覚がないんですよね。物理的なことを言うと、コタローが少し大きくなったくらいで……(笑い)。皆さんにそういう雰囲気を作っていただいているのもあって、すごくスムーズに(撮影に)入れました」と語った。

 2年ぶりの共演となる瑛都君について、横山さんは「瑛都はこの2年の間にいろいろな現場を経験して、だいぶ大人になったかな。10歳なりにいろんなことを感じながらやっているんでしょうね」と話した。続けて、「今回はコタローが小学生になっていますし、前作とはまた一味違ったちょっと大きくなったコタローに僕ら周りの大人たちがどのように関わっていき、どう成長していくのか、期待していただけたらと思います」とアピールした。

 瑛都君は「撮影が始まり、横山裕さんや生瀬勝久さんたちと一緒に撮影をして、『あ、前回もこういう感じだったな』と思い出してすごくうれしくなりました。これからもまだまだたくさん撮影があるので、皆さんと頑張ってやっていきたいと思います!」と意気込みを語った。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画