あなたがしてくれなくても:野間口徹演じる“瀬田”の強烈なキャラクターに注目集まる 視聴者「特別編というか野間口編」「小物演じさせたら抜群!」

連続ドラマ「あなたがしてくれなくても」特別編の一場面(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「あなたがしてくれなくても」特別編の一場面(C)フジテレビ

 俳優の奈緒さん主演の連続ドラマ「あなたがしてくれなくても」(フジテレビ系、木曜午後10時)の特別編が6月29日に放送され、野間口徹さんが演じた瀬田慎之介のキャラクターが話題になった。

 ◇以下、ネタバレがあります。

 ドラマは、マンガ誌「漫画アクション」(双葉社)で連載中のハルノ晴さんの同名マンガが原作で、夫婦のセックスレスがテーマ。三竿玲子さんのプロデュース、演出は西谷弘さんと、話題を呼んだドラマ「昼顔」(フジテレビ系)のスタッフが9年ぶりに再集結した。

 特別編では、陽一(永山瑛太さん)との離婚が成立した第10話(6月15日放送)から最終話(6月22日放送)の直前までのみちの心情の変化が描かれた。

 最終話(6月22日放送)と特別編で新キャラクターとして登場したのが、野間口さん演じる瀬田慎之介だ。華(武田玲奈さん)が婚活アプリで出会った相手で、他のデートの予定が入った華の代わりに、みちがデートをすることに。

 瀬田は戸惑うみちを気にも留めず、一方的に会話を展開。結婚に前向きな瀬田が、「結婚後はお仕事のほうは?」とみちに尋ねる一幕もあった。

 「あの、そろそろ……」と切り上げようとするみちに、瀬田は「ごめんなさい。この後予定がありまして。本当は私も場所を変えてもっとゆっくりお話したかったんですけど」と言うと、華から聞いたというみちのLINEのアカウントに「これ私の連絡先です」と突然メッセージを送った。

 みちが2カ月前に離婚したばかりで結婚は考えられないと伝えると、瀬田は「実は私もバツイチなんです」と返答。「私は離婚をハンデとは考えていません」「無理して一緒にいても時間を無駄にするだけですからね」と自身の結婚観について熱弁した。

 終盤で、みちと瀬田は再びカフェへ。出張で福岡に行っていたという瀬田が、みちにお土産のおきゅうと(福岡の郷土料理)を手渡す。みちが「もうお会いできません」と交際の意志がないことを告げると、瀬田は「おきゅうとお嫌いでした?」「LINEの返信しなかったから?」などとズレた質問を連発した。

 再婚を焦る瀬田から「もう無駄な時間は過ごしたくない」と言われたみちは、「私は夫と結婚して良かったと思っています。だから無駄な時間なんかじゃないです」と告げた。瀬田は「また時間を無駄にしたな」と捨てぜりふを吐き、お土産に渡したおきゅうとを取り返して去っていった。

 SNSでは、瀬田の強烈なキャラクターに「特別編というか野間口編な気がしてきたな」「野間口さんのキャラやばすぎ」「瀬田さんおもしろ人間だった」「特別編のために嫌な役してくだりありがとうございますw」「野間口徹さんは小物な男演じさせたら抜群!」といった声が上がっていた。

テレビ 最新記事