ノッキンオン・ロックドドア:犯罪コンサルタント役で早乙女太一 “倒理”松村北斗&“氷雨”西畑大吾とは大学のゼミの仲間

連続ドラマ「ノッキンオン・ロックドドア」に出演する早乙女太一さん=テレビ朝日提供
1 / 2
連続ドラマ「ノッキンオン・ロックドドア」に出演する早乙女太一さん=テレビ朝日提供

 俳優の早乙女太一さんが、人気グループ「SixTONES(ストーンズ)」の松村北斗さんと「なにわ男子」の西畑大吾さんのダブル主演の連続ドラマ「ノッキンオン・ロックドドア」(テレビ朝日系、土曜午後11時)の7月29日に放送された第1話に登場した。

ウナギノボリ

  ドラマは青崎有吾さんの同名シリーズ小説(徳間書店)が原作のミステリー。性格が正反対の探偵2人を松村さんと西畑さんが演じ、難事件に挑む。松村さんは、密室犯罪など事件のトリックの解明を得意とする御殿場倒理(ごてんば・とうり)役。西畑さんは、遺留品などから犯人の動機や理由を読み解く片無氷雨(かたなし・ひさめ)を演じる。

 早乙女さんは、殺人を目論む依頼人にトリックを指南する犯罪コンサルタント・糸切美影(いとぎり・みかげ)を演じる。美影は、倒理、氷雨、警視庁捜査一課の刑事・穿地決(うがち・きまり/石橋静河さん)と同じ犯罪社会学ゼミに所属していた。3人も一目置く才能を持つ人物だったが、なぜ犯罪を作り出す仕事についてしまったのかという謎には、倒理と氷雨が大学時代に直面した“未解明”事件が関係しているという。

 早乙女さんは「僕が演じる美影はどこか人間味がなく、掴みどころのない人物ですが、その軸には揺るぎない思いを秘めた人物でもあります。演じるにあたっては、その部分を大切にしたいなと思っています」とコメント。

 「撮影現場ではダブル主演の松村北斗さんと西畑大吾さん、お二方とも、とても穏やかな雰囲気の中に情熱や鋭さを持たれているなと感じました。今後、劇中ではドラマの展開と共に、登場人物たちの面白味がどんどん出てきますので、ぜひ最終話までご覧ください」と呼びかけた。

 8月5日放送の第2話では、3年前に不正献金疑惑で世を騒がせた元衆議院議員・南雲弘伸(大河内浩さん)が、自ら開催したパーティーで、スピーチの最中に突然苦しみ出し、搬送先で死亡。スピーチ直前に南雲が口にしたシャンパンからは毒物が検出される。しかも会場の入口には毒物が入った小瓶とともに、古典落語「死神」の一節が記された紙が残されていた。あえて残されていた証拠品に美影の存在を感じた決は、倒理と氷雨に連絡を取る……と展開する。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画