ノッキンオン・ロックドドア:松村北斗&西畑大吾の“探偵コンビ”に「掛け合い絶妙」「最高に好き」の声

ドラマ「ノッキンオン・ロックドドア」第1話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 1
ドラマ「ノッキンオン・ロックドドア」第1話の一場面=テレビ朝日提供

 人気グループ「SixTONES(ストーンズ)」の松村北斗さんと「なにわ男子」の西畑大吾さんダブル主演の連続ドラマ「ノッキンオン・ロックドドア」(テレビ朝日系、土曜午後11時)の第1話が、7月29日に放送された。性格が正反対の探偵を演じている松村さんと西畑さんに対し、SNSでは「掛け合いが面白くていいコンビ」といった声が上がった。

ウナギノボリ

 ドラマは、青崎有吾さんの同名シリーズ小説(徳間書店)が原作のミステリー。松村さんは密室犯罪など事件のトリックの解明を得意とする御殿場倒理(ごてんば・とうり)、西畑さんは遺留品などから犯人の動機や理由を読み解く片無氷雨(かたなし・ひさめ)を演じる。

 第1話では、探偵事務所「ノッキンオン・ロックドドア」に、有名画家・四ノ宮英夫(信太昌之さん)の妻・由希子(高畑淳子さん)がやって来る。この日の朝、由希子は密室状態のアトリエで、背中を刺され絶命している英夫を発見。犯人の特定を頼まれた倒理と氷雨は現場へ急行し……と展開した。

 2人が画商の寺本健二(山崎樹範さん)と出会うシーンで、氷雨が“助手”と間違われてしまう。倒理が「助手に間違えられたのこれで何回目だ? お前は個性がなさすぎるんだよ」とツッコむと、氷雨は「ほっとけ。探偵に必要なのは個性じゃなくて推理力。そっちこそ、依頼人の前で感情丸出しはダメだっていつも言ってるだろ」とやり返す様子が描かれた。

 SNSでは「北斗君と西畑君の掛け合い絶妙だ~」「テンポもいい感じで見てて面白い」「倒理と氷雨のコンビネーションも最高に好き」といった感想が集まった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画