ポツンと一軒家:山口の山奥 大きなログハウスで一人暮らしの64歳男性

9月24日放送「ポツンと一軒家」の一場面=ABCテレビ提供
1 / 1
9月24日放送「ポツンと一軒家」の一場面=ABCテレビ提供

 衛星写真を手掛かりに人里離れた一軒家を捜すバラエティー番組「ポツンと一軒家」(ABCテレビ・テレビ朝日系、日曜午後7時58分)。9月24日は、山口県の山中の立派なログハウスで一人暮らす男性が登場する。

 山口県内陸部の山中にポツンと一軒家を発見した捜索隊。近くの集落などで聞き込むと、一軒家は地元の人でさえ「かなり山奥」と言う所にあった。

 そこを目指して山道へ入ると、木々の生い茂る険しい崖道。捜索隊は「リアルに怖い高さです、本当に生活道路なのかな?」と疑心暗鬼になりながら進んでいく。すると、その先に大きなログハウスが。

 そこは、かつては3世帯。今は64歳の男性が一人で暮らしていた。隣家の元住人がログハウスに建て替えたという。男性の語る約60年前の生活ぶりは……。

 スタジオゲストは、槙野智章さんと早見あかりさん。 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画