蘭寿とむ:WOWOW「宝塚プルミエール」で9年ぶりナレーターに 「思い出深い番組に再び出演できることをうれしく思います」

WOWOWの宝塚歌劇団情報番組「宝塚プルミエール」の月替わりナレーターを務める蘭寿とむさん
1 / 1
WOWOWの宝塚歌劇団情報番組「宝塚プルミエール」の月替わりナレーターを務める蘭寿とむさん

 元宝塚歌劇団花組トップスターの蘭寿とむさんが、5月26日に放送されるWOWOWのオリジナル番組「宝塚プルミエール」(WOWOWライブ、午後2時)で番組ナレーターを務めることが分かった。2024年度の番組ナレーターは月替わりとなり、蘭寿さんが5月を担当する。同番組で蘭寿さんがナレーターを務めるのは、2015年度の年間ナレーターを担当して以来、約9年ぶりとなる。

ウナギノボリ

 「宝塚プルミエール」は宝塚歌劇団の最新情報を紹介。この日は、番組オリジナルのロケ企画を放送する。月替わりナレーション企画の一環として、2024年度の月替わりナレーターが出演するWOWOWオンデマンドの限定特別企画「ナレーション収録日記」の配信が決定。ナレーション収録の裏側のほか、月替わりナレーターがゲームに挑戦するなど、ミニ番組として「宝塚プルミエール」放送後から配信をスタートする。

 蘭寿さんは「久しぶりに、WOWOW『宝塚プルミエール』のナレーションを担当させていただくことになりました。お声かけいただいた時はびっくりしましたが、9年前に1年間を通してお世話になった思い出深い番組に、再び出演できることをとてもうれしく思います。私自身も楽しみながら、皆さまにもお届けできたらと思っております」とコメントを寄せた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画