東京タワー:人妻の“喜美子”MEGUMIに溺れる“耕二”松田元太 「ドロ沼一直線な気配」の声(ネタバレあり)

連続ドラマ「東京タワー」第4話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 1
連続ドラマ「東京タワー」第4話の一場面=テレビ朝日提供

 人気グループ「King & Prince」の永瀬廉さんが主演を務める連続ドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系、土曜午後11時)の第4話が5月11日に放送された。同話では、人妻の川野喜美子(MEGUMIさん)と禁断の逢瀬を重ねる大原耕二(松田元太さん)は、喜美子の行動に怒り、傷つくなど徐々に心境が変化していく様子が描かれ、視聴者が注目した。

ウナギノボリ

 ◇以下、ネタバレがあります。

 第4話は、喜美子との情事にますます溺れる耕二は、喜美子と会っている最中、「年上に興味本位で手を出してるお前と俺は違うから」という透(永瀬さん)の言葉を思い出していた。本気になることも、捨てられることもないと高をくくっていた耕二だったが、ある日、喜美子から突然、情事の見返りとしてお金を渡されそうになり、怒りその場を去ろうとする。

 その後、喜美子の行動になぜ傷ついたのかと戸惑う耕二は、恋人の森山由利(なえなのさん)と一緒にいると、喜美子から「ねえお願い、会いたいの」と電話がかかってきて……と展開した。

 耕二が喜美子からの突然の誘いに葛藤する姿や、喜美子の行動に傷つく様子など、本気にならないはずの耕二の変化に、SNSでは「どんどんハマっているの怖い」「ハラハラする」「ここからの展開が気になる」「ドロ沼一直線な気配」などのコメントが上がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画