ドラマ1週間:「古畑任三郎」30周年記念 再放送枠で一挙放送 ジャイアン声優・木村昴が7月期ドラマで初主演

「警部補・古畑任三郎 第1シリーズ」の一場面(C)フジテレビ/共同テレビ
1 / 1
「警部補・古畑任三郎 第1シリーズ」の一場面(C)フジテレビ/共同テレビ

 1週間の主なドラマのニュースをまとめて紹介する「ドラマ1週間」。今回(5月11~17日)は、故・田村正和さんが主演を務めたフジテレビの人気ドラマシリーズ「古畑任三郎」が30周年を記念して、地上波で一挙放送される話題、声優の木村昴さんが、読売テレビ・日本テレビ系で7月から放送される「クラスメイトの女子、全員好きでした」でドラマに初主演することが話題になった。前後編で取り上げる。

ウナギノボリ

 市原隼人さんが、6月29日からWOWOWで放送・配信される連続ドラマ「WOWOW×テレビ東京 共同製作連続ドラマ ダブルチート 偽りの警官 Season2」で主演を務めることが5月15日、明らかになった。市原さんは、巨大詐欺組織を食いものにする謎の詐欺師、田胡悠人(たご・ゆうと)役を演じる。テレビ東京系で放送中のシーズン1(金曜午後8時)で主演を務めている向井理さんら主要キャストもシーズン2に出演する。市原さんが演じる田胡は、かつて海外拠点の特殊詐欺で逮捕され、出所後に詐欺会社のライドクリーンに入り込み、圧倒的な詐欺の知識とセンスを武器に成り上がっていく。シーズン2には陣内孝則さんが謎のサロンを主宰する詐欺師の海藤周役で、淵上泰史さんがライドクリーン代表の木崎竜一役で出演する。

 伊藤沙莉さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「虎に翼」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第33回が15日に放送され、アイドルグループ「SKE48」の元メンバー、古畑奈和さんが登場した。古畑さんは、故郷の佐賀に赴任した花岡(岩田剛典さん)の婚約相手、小高奈津子役で出演。再会した寅子(伊藤さん)らの前で、花岡は奈津子について「僕の婚約者だ」と紹介し、「父の知り合いの紹介で知り合ったんだ。生まれ育った場所も近くて、すぐに意気投合して」と“なれそめ”を明かした。SNSでは「奈和ちゃんだー!」などと視聴者が反応。さらに「えっ? そうなの?」「花岡…お前マジかよ!?」と奈津子の“正体”に衝撃を受けた視聴者から驚きの声が次々と上がっていた。

 また「虎に翼」の第34回(5月16日放送)には、アニメ「名探偵コナン」の阿笠博士や「忍者ハットリくん」の獅子丸などで知られる声優の緒方賢一さんがサプライズ登場した。緒方さんの朝ドラ出演は、2016年度前期の「とと姉ちゃん」に続いて2回目。第34回では、直言(岡部たかしさん)が、寅子(伊藤さん)のお見合い相手を探しているときに声をかける、“重田のじいさん”役で登場。ドラマの公式X(旧ツイッター)は「今後も猪爪家がお世話になる人物です! ぜひご注目ください」とつづった。

 アニメ「ドラえもん」のジャイアン役で知られる声優の木村昴さんが、読売テレビ・日本テレビ系のプラチナイト木曜ドラマ枠(木曜午後11時59分)で7月11日から放送される「クラスメイトの女子、全員好きでした」で主演を務めることが16日、分かった。木村さんがドラマで主演を務めるのは初めて。木村さんは、すぐ恋に落ちてしまうピュアな小説家・枝松脛男(えだまつ・すねお)を演じる。新川優愛さんが枝松のバディーとなる担当編集の片山美晴役として出演。ドラマは、偶然手に入れた小説を盗作し、一躍人気作家となった枝松と、仕事運がない担当編集の片山というポンコツコンビが、小説の真の作者を探すために奔走する……というハートフルコメディー。

 故・田村正和さんが主演を務めたフジテレビの人気ドラマシリーズ「古畑任三郎」が、1994年の放送から30周年を迎えたのを記念して、地上波で一挙放送されることが16日、分かった。平日の夕方帯(午後1時50分~3時45分、関東ローカル)の再放送枠「ハッピーアワー」で5月24日にスタートする。ハッピーアワーでは、連続ドラマ3シリーズに加えて、スペシャルドラマ「笑うカンガルー」、「今、甦る死」、元メジャーリーガーのイチローさんが出演して話題を呼んだ「フェアな殺人者」、松嶋菜々子さんが出演した「ラスト・ダンス」も放送する。放送後、1週間はTVer、FODで無料配信を予定している。

 橋本じゅんさんが、山下智久さん主演の連続ドラマ「ブルーモーメント」(フジテレビ系、水曜午後10時)に出演することが16日、明らかになった。橋本さんが同局系の連続ドラマにレギュラー出演するのは、2012年放送の「ハングリー!」以来12年ぶり。主演の山下さんとは初共演となる。橋本さんが演じるのは、警察班統括責任者としてSDMに配属される沢渡満(さわたり・みつる)。過去に機動隊、広域緊急援助隊としてキャリアを重ね、災害対策専門のエキスパートとして活躍。その力を見込んだ総務大臣の立花藍(真矢ミキさん)によって、SDMに推薦された人物で、22日放送の第5話から登場する。

 大島優子さんが、7月スタートの日本テレビ系“新土ドラ9”枠の連続ドラマ「GO HOME~警視庁身元不明人相談室~」(土曜午後9時)で、主演の小芝風花さん演じる主人公の“相棒”を演じることが17日、明らかになった。大島さんが演じるのは、「警視庁身元不明人相談室」に配属された三田桜(小芝さん)の相棒となる月本真。真は、桜の10歳年上の同期で、性格も趣味もまるで正反対という冷静沈着な捜査官。現在35歳の大島さんと27歳の小芝さんにとって年齢的にもぴったりの役どころとなる。

 人気グループ「Sexy Zone」を3月末で卒業した中島健人さんが、7月19日からテレビ東京系の「ドラマ8」枠(金曜午後8時、初回15分拡大)で放送される「しょせん他人事ですから 〜とある弁護士の本音の仕事〜」で主演を務めることが17日、明らかになった。テレビ東京のドラマに初出演で初主演となる中島さんは「Sexy Zone卒業後初めてのドラマなので新人の気持ちで挑むつもりです」とコメント。中島さんが演じるのは、ネットトラブルが得意な弁護士で法律事務所を経営する保田理(やすだ・おさむ)。「しょせんは他人事(ひとごと)じゃん!?」が口癖の保田が、ネット炎上や誹謗(ひぼう)中傷といった身近でリアルなSNSにまつわるトラブルをスカッと、ときにダークに解決する。

 高橋克典さんが、6月23日スタートのNHKの時代劇「大岡越前」の第7シリーズで主演を務めることが17日、分かった。第6シリーズまでは、昨年で芸能活動を引退した東山紀之さんが主人公・大岡忠相を演じていた。「大岡越前」は、町奉行・大岡忠相が活躍する人気時代劇で、NHK版は2013年から放送。第7シリーズを迎えた今作では、大岡忠相役に高橋さんを迎え、情に厚く智力に優れた名奉行の“大岡裁き”を描く。高橋さんは「長年に渡って親しまれてきた『大岡越前』シリーズの主役として今回から参加させていただくことになり、とても光栄なうれしい気持ちと緊張感でいっぱいです」と話している。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画