花咲舞が黙ってない:今田美桜主演 第6話視聴率7.5% 死後に大金が動いた銀行口座の謎

連続ドラマ「花咲舞が黙ってない」主演の今田美桜さん
1 / 1
連続ドラマ「花咲舞が黙ってない」主演の今田美桜さん

 俳優の今田美桜さん主演の連続ドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系、土曜午後9時)の第6話が、5月18日に放送され、平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)は世帯7.5%、個人4.5%だったことが分かった。

ウナギノボリ

 ドラマは、巨大銀行を舞台にした池井戸潤さんの小説「不祥事」(講談社文庫、実業之日本社文庫)と「花咲舞が黙ってない」(中公文庫、講談社文庫)が原作。2014、15年に杏さん主演でヒットした連続ドラマの新シリーズで、今回は銀行支店を指導・審査する本部の臨店班が舞台。今田さんが同班の花咲舞を演じ、バディーを組む相馬健役で山本耕史さんが出演する。

 第6話では、舞の叔父・健(上川隆也さん)の行きつけの寿司屋で、常連の谷原道代(宮崎美子さん)から、5年前に亡くなった娘・奈保子(堀田茜さん)の銀行口座内で、娘の死後に何千万円ものお金が動いていたと相談される。

 口座は解約済みだが、道代の「いい事でも悪い事でも、娘の生きた証しとして何が起きたのかを知りたい」という言葉に共感した舞は、奈保子が死亡直前まで働いていたヘブン製薬を調査する……と展開した。

テレビ 最新記事