アンチヒーロー:「何か怪しい」? 迫田孝也が話題に 「まだ役名が謎のまま」「今回も期待しちゃう」「良い人役のはずがない!w」(ネタバレあり)

ドラマ「アンチヒーロー」公式HPより(C)TBS
1 / 1
ドラマ「アンチヒーロー」公式HPより(C)TBS

 俳優の長谷川博己さんが主演を務めるTBS系「日曜劇場」枠(日曜午後9時)の連続ドラマ「アンチヒーロー」の第6話が5月19日に放送された。ドラマへの出演が発表されている迫田孝也さんについて、SNSで話題になった。

ウナギノボリ

 ◇以下、ネタバレがあります

 第6話の冒頭で、明墨(長谷川さん)は、羽木社長殺人容疑で起訴されたものの、明墨の弁護で無罪になった緋山(岩田剛典さん)と対面していた。「例のものは手に入りそうですか?」という明墨の問いかけに、「はい」と答えた緋山。「過去の携帯から履歴を探ったら一人連絡がつきました。江越のもとで働いていた人間です」と続ける。

 明墨が「いいですねぇ。そのまま探っていきましょう。あとはその12年前のものがまだ残っているかどうかですが」と言うと、緋山は「手元に残しているはずです」と断言。「相手の弱みを握って支配する、江越とはそういうやつです」と告げる様子が描かれた。

 ドラマの公式HPの相関図では、出演者と役名が紹介されているが、迫田さんのみ役名が明らかにされていない。

 迫田さんといえば、数々の作品に出演し、存在感を示している名バイプレーヤー。2021年に日曜劇場で放送された連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」では連続殺人犯役を演じたほか、同年放送の「真犯人フラグ」では、視聴者が選ぶ怪しいと思う人物ランキングで、迫田さん演じるキャラクターが何度も1位に選ばれたこともあった。

 昨年放送された人気ドラマ「VIVANT」では、迫田さん演じる丸菱商事の山本がテロ組織「テント」のモニターであることが明らかになった際、SNSでは「迫田孝也は黒! 期待裏切らない!」といった声が上がるなど話題となった。

 SNSでは、「そろそろ迫田さん来る?」「相関図、迫田さんだけまだ役名が謎のままだ」「迫田さん以外キャストの名前判明w エゴシ?」「普通に考えて“江越”が迫田さんなんだろうな」といった声が上がった。

 「今後、迫田さん出てくるのよね……これは悪役のニオイしかしない。良い人役のはずがない!w」「とりあえず何か怪しい 迫田さんだから怪しい」「迫田さんがまた不幸な役やらされるのか気になって眠れない」「迫田さん出てくると怪しいイメージが定着してて、今回も期待しちゃう」というコメントも並び、盛り上がりを見せた。

 ドラマは、法に触れない範囲内で手段を選ばない「アンチ弁護士」の明墨を通し、視聴者に「正義とは何か?」を問い掛け、スピーディーな展開で「常識」を次々に覆す法廷エンターテインメント。脚本は山本奈奈さんらのオリジナル。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画