虎に翼:汐見「よねさん、あなたが!」 香子から“女子部の思い出”を聞いていた? 「うれしそうに話してそう」

NHK連続テレビ小説「虎に翼」第57回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「虎に翼」第57回の一場面(C)NHK

 伊藤沙莉さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「虎に翼」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第57回が、6月18日に放送され、多岐川(滝藤賢一さん)と汐見(平埜生成さん)が轟法律事務所を訪ねるシーンが描かれた。

ウナギノボリ

 第57回では、スリの少年たちのリーダー・道男(和田庵さん)を追いかけた寅子(伊藤さん)が、よね(土居志央梨さん)と再会する。轟(戸塚純貴さん)とよねは、カフェー「燈台」があった場所に法律事務所を開いていた。

 寅子が判事補になったと聞いて喜ぶ轟と、対照的に冷たい態度を取るよね。多岐川(滝藤賢一さん)は、子供たちに必ず手を差し伸べると約束して……と展開した。

 寅子たちを追いかけて、轟法律事務所にやって来た多岐川と汐見。よねは「誰だおっさん」と悪態をつき、多岐川は「今、顔を合わせた相手をおっさん呼ばわりするやつに名乗る名はない」と返した。

 寅子は、轟とよねに多岐川を紹介。多岐川に対しても、2人が大学の同期であることを伝えた。すると汐見が「よねさん、あなたが!」とほほ笑み、多岐川も何かに気付いた様子だった。

 SNSでは、“ヒャンちゃん”こと香子(ハ・ヨンスさん)が汐見や多岐川によねのことを話していたのではないかという声が上がり、「ヒャンちゃん、よねさんのことをうれしそうに話してそう」「香子が女子部の思い出を繰り返し、彼に話していたことがうかがえる」「女子部の記憶がヒャンちゃんの大事な部分ならいいな」「ヒャンちゃんが昔を懐かしんで女子部の頃の話をしていたんだろうな」といったコメントが集まった。

テレビ 最新記事