戸田恵梨香:「偽善的な作品にしたくない」三浦春馬との月9に意気込み

テレビ
「大切なことはすべて君が教えてくれた」の制作発表に登場した戸田恵梨香さん(左)、三浦春馬さん

 女優の戸田恵梨香さん(22)と俳優の三浦春馬さん(20)がダブル主演するフジテレビの月9ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」の制作発表が5日、東京都内のホテルであり、主演の2人と出演者らが登場した。戸田さんは「とても不安定ですが人間の汚い部分を丁寧に描いている作品。偽善的な作品にはしたくない。怖くて難しいけれど、それだけ挑戦しているので、ぜひ見守ってほしいです」と意気込みを語った。

 初共演となる三浦さんと戸田さんは、ともに同枠初主演で初めての教師役。戸田さんは開口一番「表現するのがここまで難しいのかと苦悩しております」と演技の難しさを訴えたが、「今後どうやって夏実と修二が心をか通わせていくのかを大切にして、丁寧に演じていきたい。スタッフの皆さんもキャストもこの作品に情熱を注いでいるので、とてもスリリングな作品になると思います」と自信をにじませた。 

 共演の三浦さんは「どの登場人物の気持ちも共感できる内容になっていると思いますし、どの年代でも共感できる愛の形がいっぱいあると思います」と台本に感動した様子。「難しいとは思うんですが、こんなにいい役を年明け早々やらせてもらっている幸せをかみしめながらやっています」とやりがいのある役どころに気合をみせた。

 同ドラマは高校を舞台に教師と生徒の愛をテーマにした学園ラブストーリー。戸田さん演じる高校の英語教師・上村夏実と三浦さん演じる生物の教師・柏木修二は、高校と大学時代に同級生で現在、同僚であり、婚約者でもあるという関係。しかし、新学期が始まる前日、修二がさまざまないきさつで女性と関係を持ち、実はその女性が自分の受け持つクラスの女生徒だったということが発覚し、2人の歯車が狂い出していく……というストーリー。脚本は、02年に同局のヤングシナリオ大賞を受賞した安達奈緒子さんが担当する。

 会見には、二人のほか、修二が関係を持つ女生徒役の武井咲さん、アイドルグループ「AKB48」の篠田麻里子さん、内田有紀さん、風間杜夫さんが登場した。物語のキーマンとなる武井さんは、演じるひかりについて「私と同じ高校2年生なのに、これだけいろんな経験をして、たくさんの感情を持っている。毎日平凡に生きてきた自分が演じられるか不安だったんですが、やりがいのある毎日を過ごしています」と役作りを語り、「これから先生たちを頑張って引き裂いていこうと思います」と無邪気な笑顔で話し、報道陣をわかせた。

 夏実の親友のウエディングプランナーで修二は元彼という東堂さやか役を演じる篠田さんは「二人をお祝いしているんだけれど、嫉妬(しっと)みたいなものもあるのかな、素直に自分が感じたものを出したい」と意気込みを語った。ひかりの心の支えとな看護師・水谷亜弥を演じる内田さんは「監督がひかりちゃんのお芝居を一生懸命演出してますので、私はしゃべるすきがない」と話し、教頭を演じる風間さんは「人間として修二を信頼していても、教師としてどうなのかを考えなきゃいけない。学年主任役の西村(雅彦)君と漫才みたいな芝居をしていますが、今後はそうもいかないんだろうな」と現場の雰囲気を明かしていた。

 主題歌「EXIT」は、ポルノグラフィティが初の月9主題歌を担当。劇中ではグラミー賞歌手のPINKの「グレイテスト・ヒッツ」の楽曲が使用される。ドラマは17日午後9時から放送。初回は10時9分までの拡大版となる。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る