MANTANWEB(まんたんウェブ)

佐々木希:初のもてない役に親近感も「似ているね」といわれ複雑

テレビ
ドラマ「恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?」の記者会見に登場した佐々木希さん

 モデルで女優の佐々木希さんが8日、フジテレビ(東京都港区)で行われたCS放送「フジテレビTWO」の主演ドラマ「恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?」の記者会見に登場。25歳で恋愛経験ゼロという初のもてない女性を演じる佐々木さんは「すごく似ていて、重なる部分がいっぱい。毎日お酒を飲むこと以外は似てると思いました」と話し、「プライベートと役の切り替えのスイッチはなかったですね。みんなにも言われました。『本当に似ているね。そっくり』と言われて、複雑な気持ちでしたね」と明かした。

 ドラマは、第6回日本ラブストーリー大賞(宝島社主催)を受賞した中居真麻さんの小説が原作。恋も仕事も一生懸命だが、初体験がなかったことになったり、大切なところが病気になったりと波瀾(はらん)万丈な日々を送っているもてない女性・宝池青子の日常をリアルに時にユーモラスに描いた恋愛物語。ドラマ「救命病棟24時(第4シリーズ)」などの小川真さんが脚本を手がけ、アートディレクターの清川あさみさんがポスターなどで世界観を作り上げる。青子の両親役で、梅沢富美男さん、多岐川裕美さんが出演。青子の恋に絡む男性陣を小泉孝太郎さん、えなりかずきさん、渡部豪太さん、石田卓也さん、田島優成さん、加藤雅也さんらが演じる。

 会見には、佐々木さんのほか、石田さん、えなりさん、小泉さん、加藤さんも出席。石田さんは「今までやった役の中で一番どうしようもないチャラ男でした。演じていて楽しかったです」と話し、振られ続ける青子が唯一振る相手を演じるえなりさんは「久々に5ミリ(の丸刈り頭)。5歳以来切らせていただきました」と役作りを明かし、「どんなにもてない女性でも振りたくなる男性を演じられたと思います」と自信を見せた。

 エンディングテーマは、佐々木さんが歌う新曲「Diamond Days」。佐々木さんは「このドラマのイメージで作ってもらった前向きになれる曲。レコーディングもハッピーな気持ちでできました」とPRした。ドラマの放送は16日から隔週金曜午後11時~深夜0時ほかで全6話。放送に先駆けて原作のコミカライズや文庫本も発売される。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る