MANTANWEB(まんたんウェブ)

はつ恋:最終回視聴率11.9%でSP版を放送 木村佳乃主演NHKドラマ

テレビ
「はつ恋」の会見に登場した木村佳乃さん=2012年4月23日撮影

 木村佳乃さん主演で5月から放送されたNHKの連続ドラマ「はつ恋」の最終回が平均視聴率11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得し、8月18日からBSプレミアムで未放送シーンを加えた「ディレクターズカットスペシャル版」が放送されることが18日、明らかになった。

 同作は、10年にスタートした総合テレビのドラマ枠「ドラマ10」(火曜午後10時)で、5月22日から全8回で放送された。視聴率は初回の6.6%から回を追うごとに上昇し、一度も数字を下げることなく7回目の放送で9.3%となり、最終回で11.9%を記録した。これまでの同枠の最終回の最高視聴率は、鈴木京香さん主演で10年10月から放送され、11年に映画化された「セカンドバージン」が記録した11.5%だった。

 「はつ恋」は、木村さんの出産後初めて主演した連続ドラマで、「やまとなでしこ」(フジテレビ系)などの中園ミホさんが脚本を担当した大人のラブストーリー。緑(木村さん)は医師になったら迎えに来るという約束を破った初恋の人・三島(伊原剛志さん)の裏切りで、二度と思い出したくない過去を背負ってしまう。その後、緑はそんな自分を救った年下の青年・潤(青木崇高さん)と結婚し、幸せに暮らしていたが、ある日、肝臓がんと診断される。その手術ができる唯一の医師として緑の前に現れたのは、三島だった……という物語。主題歌は同ドラマのためにMISIAさんが書き下ろした楽曲「恋は終わらないずっと」だった。

 ディレクターズカットスペシャル版は、各回7分を追加した1回55分、全8回で放送する。初回は8月18日午後11時15分~深夜0時10分に放送、第2回を同日深夜0時10分~同1時05分に放送し、第3回以降を同月25日から毎週土曜午後11時~深夜0時10分に放送する。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る