市川海老蔵:14年ぶり大河出演 「おんな城主 直虎」で織田信長に

テレビ
「おんな城主 直虎」で織田信長を演じる市川海老蔵さん=NHK提供

 歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが、柴咲コウさん主演のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で織田信長を演じることが2日、分かった。海老蔵さんが大河ドラマに出演するのは、主演を務めた「武蔵 MUSASHI」以来、約14年ぶり。

 海老蔵さんは「久しぶりに大河のスタジオで撮影をして、懐かしい場所に帰ってきたなという思いです。今回演じる役は織田信長。過去にも舞台で演じた経験はありますが、はかり知れない“強さ”と“怖さ”を持った魅力ある男だと思います。楽しみにしていてください」とコメントを寄せている。

 ドラマを手がける同局の岡本幸江チーフ・プロデューサーは、海老蔵さんの起用理由を「その場にいるだけで、ほかを圧倒する人物。織田信長が放つ強烈な存在感を、これだけの説得力を持って演じてくださるのは市川海老蔵さんしかいない。そう確信して熱烈なラブコールを送りました! エネルギーにあふれて気短、とてつもなく恐ろしく、かつ息をのむほど美しい。そんな海老蔵さんならではの信長が誕生します。登場まで今しばらく、お楽しみに!」と説明している。

 「おんな城主 直虎」は、井伊家当主の一人娘として生まれた直虎が、男の名で家督を継ぎ、今川、武田、徳川が領地を狙う中、幼い世継ぎの命を守りながら、生き延びていく……というストーリー。「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN-仁-」などの森下佳子さんが脚本を担当している。NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る