ブルゾンちえみ:「24時間テレビ」マラソンで90キロ走破へ 練習重ね坂本トレーナーも太鼓判

「24時間テレビ40 愛は地球を救う」でチャリティーマラソンに挑戦するブルゾンちえみさん
1 / 1
「24時間テレビ40 愛は地球を救う」でチャリティーマラソンに挑戦するブルゾンちえみさん

 お笑い芸人のブルゾンちえみさん(27)がランナーを務めるチャリティー番組「24時間テレビ40 愛は地球を救う」(日本テレビ系)の企画「チャリティーマラソン」が26日、東京都内でスタートした。ブルゾンさんは日本武道館(東京都千代田区)に向かって90キロ走破を目指す。

 ブルゾンさんは、学生時代陸上部に所属。当時は1日30~40キロ走る練習を行っていたといい、ハーフマラソンを完走した経験もある。しかし、約7年間は全く走っていないといい、当時に比べて、体重が約20キロ増加しているという。

 7月30日に放送された「行列のできる法律相談所」(同系)でランナー候補と指名されたブルゾンさんは、毎年、マラソンのサポートをしている坂本雄次トレーナーから渡されたトレーニングメニュー「武道館への道」をこなし、坂本トレーナーとも1カ月間に8日、走行距離は累計108キロに及ぶ練習を重ねてきたといい、ブルゾンさんから積極的に質問する場面もあったという。

 ブルゾンさんについて、坂本トレーナーは「ポテンシャルは高いと思ってるんですよ、元々。例年よりは若干練習の回数が少ないのですが、回数の問題を気にすることがないくらい優秀です。(精神面は)めっちゃ強いじゃないですか。半端ないと思います」と太鼓判を押している。

 チャリティーマラソンのランナーはこれまで、放送の数カ月前に発表されるのが通例だったが、今回は生放送で発表されることに。誰が挑戦するのか注目されていたが、放送開始から2時間以上たった午後8時44分にブルゾンさんの名が明かされた。スタートの約1時間前にランナーに決まったことが通達されたというブルゾンさんは「本当に選ばれて光栄です。最後まで走りきろうと思います」と意気込んでいた。

 「24時間テレビ」は今年で40回目。今回は、「KAT-TUN」の亀梨和也さん、「嵐」の櫻井翔さん、「NEWS」の小山慶一郎さんがメインパーソナリティー、チャリティーパーソナリティーを女優の石原さとみさんが務め、総合司会はフリーアナウンサーの羽鳥慎一さんと同局の水卜麻美アナウンサーが担当。スペシャルサポーターとして、ブルゾンさん、東野幸治さん、「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん、「フットボールアワー」の後藤輝基さん、「アンジャッシュ」の渡部建さん、俳優の梅沢富美男さんらが出演している。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る