MANTANWEB(まんたんウェブ)

伊勢谷友介:日本のドラマ界に脱帽「すげえなって感じている」

テレビ
TBS系連続ドラマ「監獄のお姫さま」の会見に出席した伊勢谷友介さん

 俳優の伊勢谷友介さんが11日、横浜市内で行われた宮藤官九郎さん脚本のTBS系連続ドラマ「監獄のお姫さま」の会見に出席。民放の連続ドラマへの出演は初めてという伊勢谷さんは「映画の撮影と比べるとペースが速くて、その中で皆さんがこのクオリティーを作っていらっしゃる。『日本のドラマ界、すげえな』って感じているところです」と撮影の感想を語った。

 ドラマは、女子刑務所の中という過酷な状況でたくましく生きる女たちの群像劇。罪を犯してしまった、生きることに不器用な人間たちの、切なさや悲しさを時に笑えて、時に泣ける物語として描く。「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」「カルテット」「あなたのことはそれほど(あなそれ)」などのTBS「火曜ドラマ」枠での放送で、脚本は宮藤さん、演出は「逃げ恥」「カルテット」「あなそれ」に続き、金子文紀さんが担当する。主題歌は来年、引退することを発表している安室奈美恵さんの新曲「Showtime」となる。

 会見には元服役囚役の小泉今日子さん、元刑務官役の満島ひかりさん、イケメン社長役の伊勢谷さん、服役中の囚人役の夏帆さん、元服役囚役の坂井真紀さん、森下愛子さん、菅野美穂さんと、金子プロデューサーが出席した。「監獄のお姫さま」は17日から毎週火曜午後10時に放送。初回は15分拡大版。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る