MANTANWEB(まんたんウェブ)

池松壮亮:最優秀男優賞も丸刈り頭で「謝罪会見みたい」

映画
第9回TAMA映画賞の授賞式に出席に丸刈り頭で登場した池松壮亮さん

 俳優の池松壮亮さんが18日、パルテノン多摩(東京都多摩市)で行われた第9回TAMA映画賞の授賞式に出席。「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」「続・深夜食堂」「デスノート Light up the NEW world」「永い言い訳」で最優秀男優賞を受賞した池松さんは丸刈り頭で、「(受賞が)恐れ多くて、坊主(頭)にしてきちゃいました」とジョークを飛ばし、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」については「こん身の一本で、大好きな作品。この作品で賞をいただけて、うれしく思う」と受賞を喜んだ。

 さらに、池松さんは「人の心に届かない映画を何本作っても同じ。一本一本こだわってあきらめずにやっていきたい」と映画への強い思いを告白。さらに「来年は何本か、(主演作が)いろいろとありますので、もしお時間ありましたら、よろしくお願いします」と観客に呼びかけたが、自分の髪形に照れたのか、最後に「謝罪会見みたい」とこぼして、会場の笑いを誘っていた。

 TAMA映画賞は、1991年から毎年、多摩市で開催されている市民映画祭「TAMA CINEMA FORUM」で2009年に創設された映画賞。この日の受賞式には長澤まさみさん、満島ひかりさん、土屋太鳳さん、間宮祥太朗さん、高杉真宙さんらも出席した。池松さんとともに最優秀男優賞を受賞した浅野忠信さんは、スケジュールの都合で授賞式は欠席した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る