MANTANWEB(まんたんウェブ)

山崎育三郎:“王子”もそろそろ卒業? 「年齢的に…」 

テレビ
NHK・Eテレの番組「おやすみ王子」の取材会に登場した山崎育三郎さん

 俳優の山崎育三郎さん(31)と杉野遥亮さん(22)が20日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われたNHK・Eテレの番組「おやすみ王子」の取材会に登場。世の女性たちを朗読で眠りにいざなう“王子”役を、杉野さんらと務める山崎さんは「自分で言ったことはないんですけど、一応ミュージカル界のプリンスと呼んでいただくことが多いので、“王子”ってタイトルに入った作品に呼んでいただけたのかな。年齢的には杉野君と10歳くらい違うので、王子もそろそろ卒業なのかなって思っているので、こういうお仕事、王子と呼ばれるうちはどんどんチャレンジしていきたい」と意気込みを語った。

 また山崎さんは朗読に向けて、「王子なので、温かい柔らかい、優しい声を意識したい」とにやり。お休み前の習慣を聞かれると「ハーブティーを飲みます。王子っぽいでしょ? ノドにもいいし。あとはクラシック音楽を流しながらストレッチします」と“王子感”をアピールしていた。

 「おやすみ王子」は、眠る前に誰かに「おやすみ」とささやいてほしい、頑張る日本の女性たちを、安らかな睡眠へといざなう大人のための朗読番組。有名女性作家が番組のために書き下ろした短編小説を、人気俳優やイケメン声優が優しく語り聞かせてくれる。今回は第2弾で、朗読を担当する“王子”は山崎さん、杉野さんのほか、増田俊樹さん、町田啓太さん。4人の王子がすぐ隣で朗読を語り聞かせてくれる気分が味わえる“添い寝VR”などVR動画も配信する。

 舞台は夜、眠れない人が迷い込んでくる、世界の片隅にあるいっぷう変わった本屋で、店主の山崎さんは「王子たちをまとめる役割なんですけど、ピアノを弾いたり歌ったりする場面もある。僕のピアノに合わせて杉野君には踊ってもらう」と予告。新人店員の杉野さんは「(先輩から)ビシバシやられる店員で、こき使われる下っ端感をうまく(役に)とりこんでいけたら」とも話していた。

 5分番組で、「第一話」は12月2日深夜0時45分、「第二話」は同9日深夜1時15分、「第三話」は同16日深夜0時25分、「第四話」は同23日深夜0時25分に放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る