DOCTORS:沢村一樹主演医療ドラマ新春SPで3年ぶり復活 高嶋政伸・母役で松坂慶子も

テレビ
「DOCTORS~最強の名医~」新春スペシャルに出演する(左から)沢村一樹さん、松坂慶子さん、高嶋政伸さん=テレビ朝日提供

 俳優の沢村一樹さんが主演する医療ドラマ「DOCTORS~最強の名医~」(テレビ朝日系)が約3年ぶりに復活し、2018年1月に新春スペシャルドラマとして放送されることが9日、明らかになった。沢村さんが約3年ぶりに天才外科医・相良浩介を演じるほか、高嶋政伸さん扮(ふん)する森山卓が、野際陽子さんが演じてきた堂上たまきに代わって、堂上総合病院の新院長に就任し、森山を溺愛する母親役で松坂慶子さんも登場する。

 ドラマは、沢村さんがスゴ腕の外科医を演じる医療もので、11年10月期にパート1、13年7月期にパート2、15年1月期にパート3が放送された。経営難にあえぐ堂上総合病院を舞台に、沢村さん演じる相良が人を救う使命を忘れた医師たちと対立を繰り返しながらも病院の再生に尽力する姿が描かれ、相良と森山のバトルや高嶋さんの怪演ぶりが話題を集めてきた。

 新春スペシャルでは、堂上総合病院の院長の堂上たまきが突然ブータンで開業を決断し、日本を離れてしまったことから、おいの森山(高嶋さん)が新院長に就任する。しかし、森山はうさんくさい経営コンサルタントを招き入れ、病院経営は迷走。医師、看護師たちからも反感が出始める中、相良(沢村さん)の元には生体肝移植手術を求め、一人の女の子とその両親がやってくる……というストーリー。
 沢村さんは「今回『DOCTORS~最強の名医~』のスペシャルをやると聞いたとき、『やっとできる!』というのが率直な気持ちでした。でも実際撮影に入ってみると、不思議と久しぶり
な感じがしなくて。やはり長くやってきたシリーズだからなのでしょうか」としみじみ。また「高嶋政伸さん演じる森山先生の奇怪っぷりと珍行動は相変わらず、というかさらにパワーアップしていますし、今作で新たに登場する、松坂慶子さん演じる森山先生のお母さんもなかなか強烈なキャラクター。お二人の絡みにはまったく違和感がないんです」と明かしている。

 一方で、沢村さんは「松坂さんが劇中で森山先生のことを『卓ちゃん』と呼んでいるのを見ると、やはり野際さんが『卓ちゃん』と呼んでいたあの姿を思い出してしまうんです。もしかしたら森山先生のあのキャラクターを作り上げたのも、野際さんだったのかもしれないなと感じています」と野際さんをしのび、「正直僕はまだ野際さんがいらっしゃらないこと、ピンときていないんです。でもこのドラマが続く限り、作品の中では野際さんが生き続けていくのだと思います」と思いを明かしていた。

 「DOCTORS~最強の名医~」新春スペシャルは18年1月4日午後9時に放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る