紅白リハ:エレファントカシマシ「本番前なのに本当に感激した!」と興奮

テレビ
「第68回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した「エレファントカシマシ」

 ロックバンド「エレファントカシマシ」が29日、東京・渋谷のNHKホールで行われている「第68回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場。リハを終えて会見したボーカルの宮本浩次さんは「非常にいい緊張感というんですかね、すごい舞台に来た。活気に満ちあふれていて本番前なのに本当に感激しました。会場にたくさんの人が入って、さらに多くの人がご覧になる。沸々と盛り上がる喜びを感じました」と興奮ぎみに語った。

 初出場の反響は「いろんな方から言われることが多くて、一番おばが喜んでくれて、いつまでも電話が終わらないんですよ! 大きな舞台を感じました」と話した。「(バンドの)30周年に紅白に出られて、悲願に近かったんですが、最高の形で歌が歌えるように、万全の体調で臨みたい」と言い、「緊張よりも気分が上がる。(本番は)なるべく平常心、通常の気持ちで臨めたら。もうすでに(気分が)上がっているんですが」とリハーサルから気分が盛り上がっているようだった。

 「今宵の月のように」を歌うが、「代表曲ですし、すごく真っすぐな気持ちをこの場所で歌えるのがうれしいです。リハでは、こっちも力んじゃうんで、なるべくそっと弾くようにして、途中から弾くのをやめました」と明かした。衣装は「基本的に同じ。実は同じものを新調しました。10年以上ずっと着ていた服を、同じ服を作りました。慣れようと思って今日着ています。いつもの気持ちで臨みたいので(特別な衣装ではない)。でも、新調してるから」と新たな気分で臨んでいるようだ。

 今年の紅白歌合戦のテーマは「夢を歌おう」で、総合司会をお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんとNHKの桑子真帆アナウンサーが担当し、白組司会は人気グループ「嵐」の二宮和也さん、紅組司会は昨年に続き、2年連続となる女優の有村架純さんが務める。

 昨年に引き続き、歴代最長タイの午後7時15分~同11時45分(途中ニュース中断あり)に放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る