MANTANWEB(まんたんウェブ)

テレビ質問状:「ノンフィクションW エレファントカシマシ、宮本浩次」30周年を迎え注目

テレビ
エレファントカシマシ

 WOWOWは「WOWOWオリジナルドキュメンタリー」枠として、「ノンフィクションW」と「国際共同制作プロジェクト」の2番組を両輪に、国内外のさまざまなテーマを扱ったオリジナルのドキュメンタリー番組を放送している。21日午後9時からWOWOWプライムで放送される「エレファントカシマシ 30th ANNIVERSARY SPECIAL ノンフィクションW エレファントカシマシ、宮本浩次」の番組プロデューサーを務めたWOWOW制作局音楽部の大原丈和プロデューサーに、番組の魅力を聞いた。

 ――番組の概要と魅力は?

 エレファントカシマシ(エレカシ)のボーカル、宮本浩次を追いました。

 47都道府県ツアーの舞台裏や、リハーサル映像、関係者へのインタビューなどを通じ、この番組でしか見られないエレカシの姿が見られます。それが魅力です。

 ――今回のテーマを取り上げたきっかけと理由は?

 宮本さんご本人も言っていますが、彼らは30周年を迎えた今、キャリア史上最も世間から注目されています。普通じゃない、と言ってしまえば簡単ですが、それにはきっと理由がある。人々を魅了してやまないエレカシの、宮本浩次の力がある。撮るなら今を逃してはいけないと思っていました。勝手な使命感が小さなきっかけ。そこに同じ思いを持った監督(ディレクター)がいて、トントンと。必然だったと思います。

 ――制作中、一番に心がけたことは?

 アーティストを取り上げたドキュメンタリーって、ともすればミュージックビデオのように、カッコいいところを集めて、何分かに1回、演出としてピリッとした画(え)が入っていてみたいな。否定するつもりはないですが、見飽きたなと思っていて。さらに言うと、エレカシはそういった切り取り方が比較的容易にできてしまう。それだけは絶対にしたくなかった。そのくらいです。

 ――番組を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったエピソードは?

 監督と打ち合わせを重ねるごとに、この番組は絶対面白くなると確信が持てました。偉そうな言い方ですが、自分の場合、そういう感覚になれないと不安になって、もっともっと口出ししたい!ってなるタイプなんですけど、今回そんなことは微塵(みじん)も感じませんでした。信頼できる方と一緒に大好きなアーティストに関わることができたことが本当に幸せです。監督が「これだけエレカシのことを、宮本さんのことをずーっと考えてる僕たちが作って、面白い作品にならなかったら、もう無理です」と言ったのには笑いました、居酒屋で。

 でも、これは自分の想像ですが、こっちがそのくらい本気じゃないと、きっと宮本さんには見透かされてしまう。終始、ヒリヒリとした良い空気感を忘れずに臨みました。

 ――視聴者へ一言お願いします。

 ずっとエレカシファンだった方は、もっと好きになります。

 (昨年のNHK)紅白(歌合戦)を見て気になり始めた方は、きっとファンになります。

 ぜひご覧ください。

 WOWOW 制作局音楽部 プロデューサー 大原丈和

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る