坂口健太郎:テレビドラマ初主演で「差し入れと宣伝の多さ」実感

テレビ
連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」の制作発表会見に出席した坂口健太郎さん

 俳優の坂口健太郎さんが4日、東京都内で開かれた連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」(関西テレビ・フジテレビ系)の制作発表会見に出席。今作がテレビドラマ初主演となる坂口さんは、主演の実感を聞かれ「映画初主演したときと特別に何か変わったことはありませんが、強いて言うなら差し入れをたくさん入れたり、宣伝多いなって」と明かし、「スタッフさんも本当にたくさんの苦労をされているので、作品をたくさんの人に見てほしいという思いです。クランクインして1カ月たちますが(演じる)三枝健人を演じられていることに感謝しています」と感慨深げに語っていた。

 ドラマは、韓国のテレビや映画の総合芸術賞「第52回百想芸術大賞」などを受賞した作品「シグナル」が原作で、坂口さん演じる“現在”を生きる刑事と“過去”を生きる刑事の2人が謎の無線機を通じて、未解決事件を解き明かそうとするサスペンス。会見には、共演の北村一輝さん、吉瀬美智子さん、渡部篤郎さん、木村祐一さん、池田鉄洋さん、甲本雅裕さんも出席した。

 坂口さん演じる城西警察署の警察官の健人は、冷静な判断力と観察力、そして独学で学んだプロファイリングの知識を持つ……というキャラクターで、ドラマのタイトルにちなみ、「人から発信されているシグナルに気付くか」と聞かれた坂口さんは「ある番組に北村さんと出演したとき、北村さんが自分の中で考えるときにあごに手を当てる癖がある(ことに気付いた)。お芝居では出てこないのですが、普段話しているときに。シグナルだなって」と話し、司会者から「プロファイリングされてますね」と言われると「いやいや……」と照れ笑い。北村さんは「(その番組に出演したときに)初めて気付きました」と語っていた。

 ドラマは10日から毎週火曜午後9時放送。初回は15分拡大。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る