MANTANWEB(まんたんウェブ)

吉川晃司:「下町ロケット」新シリーズに続投 「いっそうしなやかであれ」

ブック テレビ
連続ドラマ「下町ロケット」の続編に出演する吉川晃司さん(C)TBS

 俳優の阿部寛さんが主演し、10月からTBS系「日曜劇場」枠で放送される人気ドラマ「下町ロケット」の続編に、前シリーズに出演した吉川晃司さんが続投することが18日、明らかになった。吉川さんは主人公・佃航平の盟友で、帝国重工宇宙航空開発部部長の財前道生を引き続き演じる。

 財前は、前シリーズで帝国重工社長・藤間秀樹(杉良太郎さん)の号令の下、帝国重工を宇宙航空分野で世界のリーディング・カンパニーにすることを目標に、純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」を先頭に立って推し進め、実現させた。今作では、一転。さまざまな壁に阻まれ、岐路に立たされてしまう……という役どころ。

 「下町ロケット」は、池井戸潤さんの直木賞受賞作が原作で、2015年10月クールに放送された。宇宙科学開発機構の研究員だった佃航平(阿部さん)は自分が開発したエンジンを搭載したロケットの打ち上げに失敗し、責任を取るために退職を余儀なくされ、父親が残した工場「佃製作所」を継ぐことになるが……というストーリー。前作では1作目を基にした「下町ロケット編」と、シリーズ第2作「下町ロケット2 ガウディ計画」が原作の「ガウディ計画編」が放送された。

 続編は、「下町ロケット」シリーズの最新作となる第3弾「下町ロケット ゴースト」が原作。特許侵害訴訟、ロケットエンジン用バルブシステム開発、人工心臓弁ガウディ計画など、度重なる困難を社員が力を合わせて切り抜けてきた町工場「佃製作所」だったが、またしても予期せぬトラブルにより窮地に陥る。いまや佃製作所の主力商品となっているロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、主要取引先からの非情な通告、そして番頭・殿村に訪れた危機。次々に起こる絶体絶命のピンチを切り抜けるため、佃が下した意外な決断とは……。“宇宙から大地へ”佃製作所は大きな転換期を迎える……という内容。10月から毎週日曜午後9時に放送される。

 ◇吉川晃司さんのコメント(原文まま)

 財前部長は、常に真っ直ぐにして華やかなキャラクターですから、「蘭心竹生」を旨に、いっそうしなやかであれ。と。

 ※「蘭心竹生」とは中国の古くからの言葉で、蘭のような華やかな心を持って竹のようにまっすぐに生きるという意味。

 ◇伊與田英徳プロデューサーのコメント

 「下町ロケット」シリーズは、吉川さん演じる財前なしには始まりません。前シリーズで、純国産ロケット打ち上げプロジェクト「スターダスト計画」を成功に導いた帝国重工宇宙航空開発部の部長・財前道生を情熱的に演じていただきました。圧倒的な存在感と冷静な中にも情熱あふれる財前に、私もこんな上司がいたらいいなと憧れるほどでした。

 今作でも、シリーズ開始早々からさまざまな壁に阻まれ、窮地に立たされる財前ですが、吉川さんにどのように演じていただけるのか、とても楽しみです。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る