絶対零度~未然犯罪潜入捜査:第7話 沢村一樹らミハンチーム捜査“再開” 上戸彩の事件に新たな真実も

連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第7話のシーンカット=フジテレビ提供
1 / 4
連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第7話のシーンカット=フジテレビ提供

 俳優の沢村一樹さん主演の“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査」(フジテレビ系、月曜午後9時)の7話が20日放送される。これまでミハン(未然犯罪捜査)チームが捜査した事件関係者が殺害された。井沢(沢村さん)らが捜査した結果、犯人はチームの捜査員、田村(平田満さん)で、田村は「ミハンを必ず実現させてください」という言葉をのこして自ら命を絶った。田村が残した言葉を受け、チームの総責任者・東堂(伊藤淳史さん)は捜査を再開させるが、しかし、南(柄本時生さん)だけは、田村の死を受け入れられず……というストーリー。

 ミハンシステムが新たな危険人物として、実体のつかめない麻薬密売組織に関わっている疑いがあり、2カ月前に任意の取り調べを受けていた新谷啓一(小柳友さん)を割り出す。組織のボスは「喜多野」という名前だが、通り名にすぎず本名も顔もその正体は謎に包まれていた。喜多野は、ビジネスのためならちゅうちょなく人を殺害する冷徹な殺人者。井沢らは喜多野の正体をつかむ手がかりが新谷しかおらず、捜査を始める。

 新谷は、取り調べを受けた後、涼子(青野楓さん)と結婚し、とある団地に引っ越していた。小田切(本田翼さん)らは、新谷と涼子の部屋の監視を始める。そんな中、新谷の部屋の上階に住む7歳の少年・ユキオ(山城琉飛君)が母親から虐待を受けている可能性に気付く。

 同じころ、井沢は、自身の妻子を殺害しながらも立証されず別件逮捕されていた宇佐美(奥野瑛太さん)が、まもなく出所することを知る。さらに、桜木泉(上戸彩さん)の事件に新たな真実が発見される……。

 ドラマは、上戸さんが演じた桜木刑事の活躍と成長を描く「絶対零度」シリーズの最新作。シーズン3の今作は元公安のエリート刑事・井沢が主人公。日本国民の全個人情報を解析し犯罪記録と照合して、殺人などの重大犯罪を犯す可能性が高い危険人物をAI(人工知能)が割り出すミハンシステムを駆使して犯罪を予測し捜査するチームの姿を描く。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事