MANTANWEB(まんたんウェブ)

中村勘九郎:鈴木亮平から大河ドラマ主演の“たすき”「身が引き締まる」 阿部サダヲも全力宣言

テレビ
「大河ドラマ主演 バトンタッチセレモニー」に登場した(左から)阿部サダヲさん、中村勘九郎さん、鈴木亮平さん

 2019年放送のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で主演を務める中村勘九郎さん、阿部サダヲさんが5日、東京・渋谷の同局で行われた「大河ドラマ主演 バトンタッチセレモニー」に登場。放送中の同ドラマ「西郷(せご)どん」で、主人公・西郷隆盛を演じてきた鈴木亮平さんからドラマにちなんで“たすき”をかけられた勘九郎さんは「心も体も大きな、愛あふれる西郷さんからたすきをいただけて、身が引き締まる思いでいっぱいです」と語った。

 一方、阿部さんは「ここからドラマをつないでいきたいと思っています。このたすきを勘九郎さんから受け継いで、また次の大河に届けたいと思います。全力で頑張りたいと思います」と誓った。

 「いだてん」は「オリンピック」をテーマに、日本人が初めて五輪に出場した明治の終わりから、東京に五輪がやってきた1964年まで、およそ50年にわたって描くオリジナルストーリー。戦争と政治と景気に振り回された人々の群像劇になる。

 勘九郎さんは日本最初の五輪選手となる金栗四三役、阿部さんはコーチとして日本水泳の礎を築き、「東京オリンピック」実現に執念を燃やす政治記者・田畑政治役で、勘九郎さんと阿部さんは“リレー”形式で主演のバトンをつなぐという。19年1月6日からスタートする。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る