MANTANWEB(まんたんウェブ)

キスマイ北山:多部未華子の母は“北山推し” 「一番好き」

映画
映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」の大ヒット祈願イベントに登場した北山宏光さん(左)と多部未華子さん

 人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の北山宏光さんが7日、今戸神社(東京都台東区)で行われた主演映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」(筧昌也監督、2月15日公開)の大ヒット祈願イベントに、女優の多部未華子さんとともに登場した。共演前後で印象が変わったかという質問があり、多部さんが「母は(北山さんが)一番好きなアイドル。この前も『カッコいい。すてきな人だわ』と言っていて、母の中では最初から印象が変わらないよう」と自身の母親の話をすると、北山さんは「じゃあ“北山推し”でいいですね」と声を弾ませていた。

 この日は、招き猫が初めて作られたといわれる今戸神社で映画のヒット祈願を行った。北山さんは、「とても神聖な場所でヒット祈願ができてよかった。(祈祷中は)『売れろ売れろ』と思っていた」とちゃめっ気たっぷりに明かしつつ、「いろんなスタッフさんとかも関わってみんなで作ったので、その気持ちを背負ってお祈りしてきました」と主演らしいコメントでヒットを願っていた。

 また、撮影中のエピソードとして多部さんが、「(北山さんが)いじられまくっていた」と切り出し、「立ち位置がよく分かっていないのですが(グループでは)どういう立ち位置なんですか」と北山さんに問いかけると、「たまにいじられ、たまにいじりみたいな感じですが、(撮影現場では多部さんをきっかけに)徐々にいじられ出したので、それを“多部化”と呼んでいました」と北山さんは苦笑い。「いじりやすいキャラなので、そういう立ち位置なんだろうなと思っていた。その明るいまま(の雰囲気が)映像にも出ているのでは」と多部さんは語った。

 映画は、2014年から「月刊YOU」(集英社)で連載された板羽皆さんのマンガが原作。酒とギャンブルにおぼれる売れないマンガ家の高畑寿々男(北山さん)は、ある日、交通事故で死んでしまう。地獄行きと思ったが、あまりのクズっぷりに「関所」の裁判長から「家族の本当の心と自分の本当の心を見つめ直せ」と言われ、寿々男は1カ月の“執行猶予”で家族の元に猫として戻される……というストーリー。平澤宏々路さん、飯豊まりえさん、要潤さんらも出演する。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る