「やすらぎの刻」:風吹ジュンがヒロインに 八千草薫は静養

テレビ
4月から放送される「やすらぎの刻(とき)~道」に出演する八千草薫さん(左)と風吹ジュンさん=テレビ朝日提供

 女優の風吹ジュンさんが、4月から放送される平日昼の帯ドラマ「やすらぎの刻(とき)~道」(テレビ朝日系)のヒロイン、浅井しのを演じることが9日、明らかになった。しのは女優の八千草薫さんが演じる予定だったが、体調不良により、やむなく静養するという。八千草さんは、前作「やすらぎの郷(さと)」に登場した“姫”こと九条摂子役としては予定通り出演する。風吹さんは前作の主人公・菊村栄(石坂浩二さん)の妻、律子を演じた。

 「やすらぎの刻~道」は、「北の国から」などで知られる倉本聰さんが脚本、石坂さん主演で2017年4~9月に放送され話題を集めた平日昼の帯ドラマ「やすらぎの郷(さと)」の続編で、同局の開局60周年記念番組として放送される。「やすらぎの郷」は、全盛期の映画やテレビ界を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストたちが集う老人ホームを舞台に、かつての大スター集団が繰り広げる人間喜劇が描かれた。

 今作は、石坂さん演じる作家の菊村が、以前ボツになったシナリオを思い起こし、浅丘ルリ子さん演じる白川冴子、加賀まりこさん演じる水谷マヤら、おなじみのメンバーが見守る中、今は亡き“姫”こと九条摂子(八千草さん)をモデルに、どこにも発表するあてのないシナリオを書き始める……という展開。ヒロインのしのは、清野菜名さんと風吹ジュンさん、しのの夫となる根来公平は風間俊介さんと橋爪功さんがリレー方式で演じる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る